【働く女の“モテ道場”】 “牛丼屋ランチ”にドン引き…「優良案件」を逃しやすい婚活女性の特徴

【働く女の“モテ道場”】 “牛丼屋ランチ”にドン引き…「優良案件」を逃しやすい婚活女性の特徴

先日、私の結婚相談所で、「ランチ」をめぐる男女のすれ違いがありました。

女性は、有名私立大学卒で保険会社の内勤をしている29歳。中高一貫の有名私立校を出ているお嬢さんで、長期休みは家族で高原の別荘に、週末は料理教室へ、というタイプ。

実家暮らしなので、お給料はもちろん全額自分のお小遣い。平日のランチはきっちり1時間。小さなお財布を持って、同僚とレストランやカフェでゆっくり過ごすのが当たり前でした。今回の婚活では、仕事を頑張っている同世代のマジメな男性を希望されていました。

優良案件なのにもったいない!

優良案件なのにもったいない!

私が紹介した男性は、塗料会社の研究職に就く、30歳のハイスぺ理系男子。職場は男性ばかりで出会いがなく、若くして結婚相談所に登録したと言います。

彼女とのお見合いでは、「お腹がすいたら研究所近くの牛丼屋で、作業着のまま5分食べて、すぐ会社に戻るって感じです」と正直に答えたそうです。お昼休みはありますが仕事優先。それだけ真剣に仕事に取り組んでいるわけです。

しかし、彼女はお見合い後に浮かない顔。

「作業着で牛丼ランチって……ちょっと私の周りにはいないタイプ。この人と付き合ったら、牛丼屋さんデートとかになるの?」

と勝手に想像して引いちゃったんですって……。まだデートにも進んでませんけど?? あぁ~~、せっかくの優良案件なのにもったいない! そこでこんな話にも持って行けたのに。

「わぁ、5分で食べるなんて大変ですね」
「今は仕事が楽しいから大丈夫です。正直、愛妻弁当には憧れますけど」
「実は私、お料理教室に通い始めたんです」

ってね。家庭的な自分アピールができ、なおかつ彼のことをもっと深く聞けたよね。

なぜ女性はファッションと場の雰囲気にこだわるのか

さて今回の例、とても典型的な男女のすれ違いと言えます。

個人差はありますが、女性のみなさんは共感・過程・現在を重視します。だからこそ、食事においても「時間を楽しむ、場を楽しむ」わけです。しかし、男性は解決・結果・未来にフォーカスした目的志向です。つまり、「お腹が空いたから、お腹いっぱいにして栄養補給をする」のです。だったらそこに最速でアプローチする方法、と考えるわけです。そこがまず全然違います。

食事は、多くの女性にとってお出かけの「メインイベント」ですよね。食べるだけでなく、その場でおしゃべりをするのが目的です。これは、女子会でもデートでも同じではないでしょうか。だからこそ、「話の内容と場所」「ファッションと場所」のマッチングはデートにおいて非常に重要です。簡単に言えば、「話のトーンに合った場所や静かさで、ファッションに合った場所」にいると、とても居心地がいいですし、満足感が高まります。

一方、男性の場合、デートの食事は「おまけ」の位置づけであることが多いでしょう。たとえば、メインイベントは映画鑑賞で「お腹が空いたからレストランへ入ろう」という考え。または、食事のあとのエッチが目的で「食事はムード作りのためのおまけ」と考える人もいるでしょう。

1 2 3

アラフォー 恋愛運 その1 婚活 アプリ アラサー 浮気事件簿 浮気 iPhone 時短 恋愛 セカンド 運勢 占い 金運 貧困女子 恋愛講座 美人探偵 結婚 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。