【ホントは怖いSNS】内容次第では勤務時間外でもクビ!? 仕事中のSNS投稿の注意点

【ホントは怖いSNS】内容次第では勤務時間外でもクビ!? 仕事中のSNS投稿の注意点

アメリカの病院で警備員の男性が約半年間、ほぼ毎日、「オナラをするときの自撮り動画」をInstagramに投稿していた。「笑っちゃう」と人気が出て多数のフォロワーがつき、まとめ動画がYouTubeに投稿されるまでになった。しかし、人気が出すぎて警備会社に発覚。その結果、なんと会社を解雇される羽目になってしまった。

警備会社は従業員が業務時間内に携帯電話を使うことを禁止していた。男性に関しては、注意に従わなかった点、貸与された制服で動画に映っていた点などが病院から問題視されたという。

仕事中にプライベートなSNS投稿をしたことがある人は、ドキッとしたのではないか。読者の皆さんが男性と同じ轍を踏まないためには、どうすればいいのだろうか。

身に覚えのある人もいるかも……!?

身に覚えのある人もいるかも……!?

仕事中のSNS投稿は「NG」

ランチの写真、気軽な自撮り写真、移動中に見かけたものの写真を投稿する社会人は多い。しかし、そもそも、業務時間内のSNS投稿はアリなのだろうか 。結論から言うと、原則「ナシ」だ。

雇用されている労働者は業務時間中、労働に専念する義務を負っている。「職務専念義務」と言われるもので、勤務先の許可なく業務以外のことに時間を使うと、職務専念義務違反となる。つまり、業務と無関係のSNS投稿をすれば、懲戒処分を受ける可能性もあるのだ。

「(会社に)バレなきゃいいでしょ」と思う読者もいるだろう。しかし、バレるきっかけを特定するのは難しい。仮にバレても、数回程度なら見逃される可能性はあるが、何度も注意を受けるとおそらくクビになる。

SNSの利用が勤務規定で禁止されていない場合も、配慮は必要だ。特に写真や動画の投稿では、映り込みによってリリース前の情報が社外流出してしまう危険性もある。勤務先の信用を傷つけたり、守秘義務違反や個人情報漏洩を犯したりした場合、たとえ投稿回数が少なくても会社に問題視されることは覚えておきたい。

1 2


セカンド 金運 アラフォー アプリ 浮気 運勢 婚活 結婚 恋愛 不倫 貧困女子 浮気事件簿 アラサー 恋愛講座 占い 恋愛運 キャリア その1 時短 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。