30代~40代の「免疫空白」世代は要注意! 今、流行の兆しを見せる風疹の本当の怖さとは?

30代~40代の「免疫空白」世代は要注意! 今、流行の兆しを見せる風疹の本当の怖さとは?

首都圏を中心に、患者が急増している風疹。国立感染症研究所によると、2018年8月19日までに報告された全国の風疹患者数は、7月から8月にかけて184人と昨年の約2倍に上っているそうです。

そもそも風疹とは、どんな病気なのでしょうか。大人こそ注意が必要な風疹についてお話しします。

元々は春先から初夏にかけて多く見られる、急性の発疹性の感染症です。2~3週間の潜伏期間後に、発熱、発疹、後頭部や頚部、耳介後部にリンパ節腫脹をきたします。子供が感染した場合、症状は比較的軽いといわれています。一方、大人は発熱や発疹といった期間が長く、重症化しやすいだけでなく、処置としては症状を和らげる方法しかありません。しかし、注意するべき本当の理由は別にあるのです。

妊婦が風疹を恐れる理由とは

妊婦が風疹を恐れる理由とは

2013年にも風疹は大流行。年間14,344人もの患者が報告され、生まれてきた赤ちゃんの45人が「先天性風疹症候群」になってしまいました。

この「先天性風疹症候群風疹」こそ、最も気を付けるべきものなのです。というのも妊婦に風疹が感染してしまうと、お腹の中にいる赤ちゃんにもうつり、難聴や心疾患、白内障や精神・身体の発達の遅れなどの症状を持って生まれてきてしまうのです。特に妊娠初期の12週までが感染する確率が高いことがわかっています。

風疹が流行は30代~40代男性が原因!?

ここで、8月19日までに風疹と報告された184人の内訳を改めて見てみます。なんと93%が成人であり、男性が女性の3倍以上でした。また、男性30代~50代が全体の79%を占めています。

なぜここまで偏っているのか。それは、風疹に対するワクチン接種の国の政策が十分でなかったことが原因だと考えられています。

日本では、1995年度に乳幼児の男女を対象にした定期接種として風疹ワクチンの1回接種が導入され、2006年度からは麻疹風疹混合ワクチンの2回接種が導入されました。それまでの1977年8月から1995年の3月までの間は、女子中学生のみが定期接種の対象でした。つまり、現在28~41歳男性はワクチン接種をしていない「空白世代」なのです。これに該当する男性と幼少期に風疹にかかっていない人は特に注意が必要です。

1 2
時短 恋愛講座 占い 金運 派遣 結婚 派遣女子 恋愛運 浮気事件簿 セカンド 運勢 貧困女子 恋愛 アプリ アラサー 婚活 アラフォー iPhone 不倫 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!