あおられる側にも原因あり!? 無知でKYなドライバーがあおりの標的になりやすい理由

あおられる側にも原因あり!? 無知でKYなドライバーがあおりの標的になりやすい理由

ここ1~2か月、テレビやラジオで「あおり運転」についてお話をする機会が何度かあり、どのような運転があおり運転となるのか? なぜ、あおり運転をしてしまうのか? あおられたときの対処方法とは?などを伝えている。そして、「あおられる側にも何かしらの理由がある」と伝えた時には、SNSを通じて大勢の視聴者の方から「よくぞ言ってくれました!」的な、好意的な反響をたくさんいただいた。そこで今回は、どのような運転、どのようなドライバーがあおりの標的になりやすいのか?を改めてまとめてみたいと思う。

安全で楽しいドライブを!

安全で楽しいドライブを!

その1:追越し車線を延々と遅いスピードで走り続ける車

あおられる車に多いのは、高速道路(制限速度100km/h)の追い越し車線を、だいたい、90km/h前後でゆっくり走り続けている車。ご存知の通り、追越し車線とは「一番右の車線」であって、そこは、走行するためではなく、追越しをするための車線なのだが、おそらくそれすら知らないのだろう。後ろの車が接近していることなど気にも留めず、延々と遅いスピードで走り続けるので当然、後ろには長い車列ができてしまい、走行車線はガラガラ……。

その2:周囲の交通に無頓着で空気が読めない

追越し車線をノロノロ走り続けることで、自車の後ろに数台の車列ができていても全く気付かない。空気が読めないのはもちろんだが、ルームミラーやサイドミラーで後ろの交通状況を確認するなんてことはもちろんしない。「前を見て経済的で安全な速度で走っているのだから、私は間違っていない」とでも思っているのだろうか?

追越し車線を走行車線が詰まっていて戻れないなどの理由もなく走り続けると、「車両通行帯違反」として取り締まりの対象になるのだが…。

その3:運転が下手、下手そうに見えるドライバーの車

危なっかしい運転をする車、特に緊急ではないのにブレーキを踏みまくる車、ドライバーがハンドルにしがみつくようにして運転している車……これらはいわゆる、嫌がらせ、威嚇目的のあおり運転の標的になりやすい。運転に自信がない女性ドライバーは要注意である。運転に自信がなければ、路肩寄りの車線を静かに走っていれば良い。ここなら、ゆっくり走っていても問題ないし、トラックが後ろからあおってきても無視してOK。彼らは早く行きたいだけなので右側から抜いていくだろう。ただし、高速道路にも「法定最低速度」があり、指定されていない場所では50km/h以下で走ると「最低速度違反」となるので注意されたい。

1 2
アラサー 金運 アラフォー 時短 美人探偵 結婚 恋愛運 貧困女子 恋愛講座 浮気事件簿 不倫 アプリ 派遣 恋愛 セカンド iPhone 派遣女子 占い 婚活 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!