日本一給料が高いモンスター企業「キーエンス」って何をやっている会社? 圧倒的な利益率のワケは?

日本一給料が高いモンスター企業「キーエンス」って何をやっている会社? 圧倒的な利益率のワケは?

「キーエンス」という会社をご存知でしょうか? 恐らく、多くの方は何をやっている会社か知らず、もしかすると名前すら聞いたことのない方もいらっしゃるかもしれません。

実はこのキーエンス、“日本一給料が高い会社”としてメディアが毎年公表する『年収ランキング』や『生涯賃金ランキング』の常連であり、それゆえ企業としての稼ぐ力も日本でトップクラスの、知る人ぞ知る企業なのです。

類稀なる利益率の高さ、そして給与の高さはどこから来るのか……? 今回は、多くが謎のベールに包まれたキーエンスの秘密を解き明かしていくことにしましょう。

年収2000万円超え、営業利益55%超! パナソニック、ソニーを軽く凌駕

どのくらいすごいのか? 業界こそ違え、みなさんもご存知のメーカー「パナソニック」「ソニー」の営業利益率・平均年収と比較してみましょう。

本業での稼ぐ力を示す営業利益率は2017年度で55.6%と、パナソニックの4.8%、ソニーの10.2%をまったく寄せ付けない状況。また、2017年度の平均年収は2088万円(平均年齢35.9歳)であり、パナソニックの768万円(平均年齢45.6歳)はもとより、ソニーの1014万円(平均年齢42.3歳)さえも大きく上回る結果になっています。

キーエンスという名前と規格外の給料から、外資系企業と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、れっきとした日本企業です。1974年に創業者で現名誉会長の滝崎武光氏が兵庫県尼崎市に『リード電機』を設立したところから歴史はスタートします。その後、1986年には社名を『キーエンス』に変更。社名は、鍵(キー)と科学(サイエンス)に由来します。

事業は、各種センサーや測定器を始めとして、画像処理機器、制御・計測機器、研究開発用解析機器やビジネス情報機器など多岐にわたり、企業向けの機械装置を自社で開発・販売。1990年には東証1部に株式を上場し、2018年3月期には売上高5,268億円、従業員数6,602名の大企業にまで成長しています。

キーエンスとその社員がダントツに稼ぐ秘密とは?

キーエンスとその社員がダントツに稼ぐ秘密とは?

1 2
不倫 アプリ セカンド 金運 派遣 iPhone 運勢 浮気事件簿 恋愛運 婚活 結婚 貧困女子 美人探偵 浮気 恋愛 アラサー 時短 恋愛講座 占い アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!