「イラッ」ときたらこう返す! バトルを回避する女同士の職場トーク術

「イラッ」ときたらこう返す! バトルを回避する女同士の職場トーク術

ヒステリックなお局先輩、オブラートに包んだライバル心をぶつけてくる同期、ゆとり世代の後輩…etc.。今回は、職場で「イラッ」とさせられた時の会話のマナーを学べます。

職場は仕事を円滑に進めるための場。
女の人間関係に翻弄されないことが第一のマナー
1006manner1 
少し前のことになりますが、女子同士の会話の中に「私のほうが立場が上ですから」という内容を挟んでくる“マウンティング女子”なる言葉が話題になりました。Losefatpro女子のみなさんも、職場でそのような状況に陥ったことがあるのではないでしょうか。

 笑顔で語りかけられているけど、何だかモヤモヤする、どうも嫌味を言われている気がする、そこはかとない悪意を感じる…。言いたいことがあるならハッキリ言ってくれたほうが反論もできるしスッキリするのに…という気がしますが、実はこの“マウンティング”トーク、職場のトークマナーとしてもやってはいけないこと。

「職場はあくまでも仕事をする場。社員は協力しながら成果を出すために集まっています。しかしながら、女同士のあけすけなトークバトルは職場の雰囲気を悪くすることが多々あります。これは周囲に余計な気を使わせることになる。それだけでも迷惑な話ですが、ほかの人の作業効率まで落としかねず、会社において重大な不利益をもたらしてしまうことも…。これは働く女性にとって、重大なマナー違反といえます」というのは職場マナーに詳しいヴィタミンMの鈴木真理子さん。

「どんな職場でもマウンティングトークはある」としながらも、同時に「あって当然、そう思って関わらない、気にしないことがトークバトル回避のための第一歩」と言います。

「職場において、女性は常に不安で、実は自信が持てていないんです。だから、自分より優れた人を目の当たりにすると“私だってすごいんだから”というライバル心が芽生え、攻撃的になってしまうんです」

 しかしながら、自分の好感度はキープしたいと思う気持ちが強いのも女性の特徴のひとつ。それが“笑顔で攻撃する”というマウンティングトークが蔓延する理由のようです。

「特に30代はその人それぞれ、ライフスタイルに変化が出る時期。自分が選んだ道を肯定したい、他人に認めてほしいという気持ちがマウンティングトークに表れるだと思います」

ヒステリックなお局対策と、賢いLosefatpro女子の3つの対処法はページでチェック!!

1 2


恋愛運 浮気事件簿 金運 時短 派遣女子 婚活 美人探偵 iPhone 不倫 セカンド アラサー 運勢 結婚 貧困女子 アラフォー 恋愛講座 占い 恋愛 派遣 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!