【おとなの栄養学】防災リュックはもう古い? “ローリングストック”したい7つの食品

【おとなの栄養学】防災リュックはもう古い? “ローリングストック”したい7つの食品

災害時に持ち出す防災リュック。防災の日が近づくと防災リュックと中身のセットが販売されているのもよく見かけます。ところが、幸いなことに防災リュックの中身を使うことはなく賞味期限や消費期限が切れてしまうことがほとんど。「買ってもどうせ使わないんだったらもったいない」と防災リュックの中身を期限切れのまま放置している人はいませんか? そんな人は必見!食品をムダにしないで防災に備える方法があります。

備えあれば憂いなし、です!

備えあれば憂いなし、です!

普段から食べている食品で日持ちのする食品を少し多めに購入しておき、災害時でもいつもの食材で食事を続けるのです。これは「ローリングストック」という方法で、3.11以降に広く知られるようになりました。そこで、今回はローリングストックしたい食品を7つ紹介します。

1. 缶詰
今流行のさば缶などの魚の缶詰はそのまま主菜に。フルーツ缶はデザート代わりになります。

2. レトルト食品
カレールーやパスタソースなど。そのまま食べたり、ほかの食材の味付けを変えたりと重宝します。

3. 野菜ジュース、保存の効く野菜
通常、野菜ジュースは野菜としてカウントしないで下さいと説明していますが、災害時は特別です。丸ごと野菜で食物繊維を摂りたいところですが、野菜ジュースでビタミン補給ができるので、栄養バランスがぐんとアップします。

4. パックご飯、無洗米、乾麺、カップ麺
少ない水で作れたり、使った水を捨てずに済むもので主食になるもの。

5. レトルトスープ、インスタント味噌汁
3.11の避難所で「味噌汁が飲みたい」の声は多かったそうです。自宅でストックしてあれば安心です。

6. スキムミルク
カルシウム源が不足しやすくなるのでストックするとともに、日常の食事に取り入れる習慣をつけましょう。

7. 菓子類
チョコレートやビスケットなど、本当に何もなくなってしまったときにはエネルギー源になります。ビスケットは非常用のビスケットもありますが、お菓子売り場に売っているビスケットのほうが賞味期限は短いですが、味がいいので、普段からビスケットを食べる習慣があれば、1箱多めに買い置きすれば、非常用のビスケットは必要ありません。

これらの食品を組み合わせて、家族の人数と年齢構成などを考えて、3日間程度は自力で耐えられるくらいの食材を用意しておきましょう。

1 2
アプリ 貧困女子 結婚 婚活 派遣女子 運勢 不倫 美人探偵 恋愛講座 金運 アラフォー 時短 占い iPhone アラサー 恋愛 セカンド 恋愛運 浮気事件簿 派遣
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!