気象予報士は何%の降水確率で傘を持つ? 数字に隠れた「雨のサイン」

気象予報士は何%の降水確率で傘を持つ? 数字に隠れた「雨のサイン」

ジメジメと雨が降り続く梅雨の季節。しかし、ときには晴れて夏本番の陽気になることもあるので、天気予報をチェックすることが多くなるのではないでしょうか。この季節、特に気になるのが降水確率です。出かけるときに傘が必要かどうか、屋外の行事を中止すべきかどうかの判断には欠かせません。

降水確率の意味をちゃんと答えられる人は意外に少ない!?

降水確率の意味をちゃんと答えられる人は意外に少ない!?

でも、「降水確率っていったい何のことですか?」と定義を聞かれたときに、みなさんは何と答えますか?

「明日の降水確率が50%といわれたら、明日1日のうち12時間程度は雨が降る」
「降水確率80%は50%のときよりも強い雨が降る」
「東京都で降水確率50%と予報されたとき、東京都の半分のエリアで雨が降る」

こう考える人も多いのではないでしょうか。しかし、上記の答えは、すべて不正解です。実は、気象庁による「降水確率」の定義とは、下記の通りです。

「予報区内で一定の時間内に降水量にして1mm以上の雨または雪の降る確率(%)の平均値で、0、10、20…100%で表現する(この間は四捨五入する)。降水確率30%とは、30%という予報が100回発表されたとき、その内のおよそ30回は1mm以上の降水があるという意味」

これだとちょっとわかりにくいかもしれません。もう少しかみ砕いて解説すると、

「降水確率30%とは、予報区内で気温や風向き、湿度などの要素が過去のデータと同じ場合、過去は30%の確率で雨が降った」

ということになります。つまり、降水確率はあくまで「確率」を示したもので、強さや降る範囲、時間などは関係ないのです。

なお、降水確率は四捨五入した数字を使っているので、「降水確率0%なら絶対に雨が降らない」というわけではありません。厳密にいうと降水確率5%未満なので、雨が降ることもありえるのです。もちろん、確率としてはとても低いのですが…。

ちなみに、降水確率の「降水」としてカウントされる雨の量は「1mm以上」とされています。この1mmとはいったいどれくらいの雨の量なのかピンとこない人も多いと思います。1mm以上の雨とは傘を差さないと歩くのがつらいぐらいの雨です。ポツポツと降っている雨や霧雨など、傘を差さなくても歩けそうな雨は、1mm未満の雨ということになります。天気予報で「くもり」と予報されていても、傘がいらない程度の雨が降ることがあります。

1 2
恋愛講座 iPhone 婚活 セカンド 浮気事件簿 貧困女子 アラフォー アラサー アプリ 時短 金運 結婚 恋愛 占い 恋愛運 浮気 派遣 美人探偵 運勢 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!