【結婚・離婚の幸福論】離婚より「仮面夫婦」を続けることを選ぶ夫婦6つのパターン

【結婚・離婚の幸福論】離婚より「仮面夫婦」を続けることを選ぶ夫婦6つのパターン

「約6年ぶりの出産なので不安もありますが、家族にサポートしてもらいながら元気な赤ちゃんに会えるのを楽しみに、マタニティライフを楽しみたいと思います」とブログで発表したのはタレントの辻希美さん。先日、夫の俳優の杉浦太陽さんご夫婦に第四子が誕生する報道がありました。

夫婦にはさまざまな形があります……

夫婦にはさまざまな形があります……。

辻さんと杉浦さんご夫婦といえば、2007年に当時まだ19歳だった辻さんが子どもを授かった形の結婚会見をしたことが話題に。以降、「仮面夫婦では?」「離婚か?」といった噂がたびたび持ち上がりながらも三人の子どもに恵まれ、円満な家庭を築いてきたご様子。今回、四人目の子どもの誕生により、さらに“仲良し家族”を世間に印象づけたのではないでしょうか。

ところで、一般的な夫婦の場合でも「仮面夫婦」を続けているケースはとても多いもの。他人から見ると「なぜ愛情なんて存在しないのに、別れないの?」と思うかもしれません。ですが、あえて仮面夫婦という形を選択する夫婦にはそれぞれの事情があるのも事実。たとえば、次の6つのパターンは、離婚より仮面夫婦を選ぶ夫婦が抱えている代表的な理由です。

理由その1:子どもがいるから
「子どもに不憫な思いをさせたくない」「ひとり親は子どもの進学や就職などにマイナスでは?」「子どもの心のダメージが心配」など、おもに成人前の子どもの存在が離婚をとどまらせているケースは少なくありません。

理由その2:妻側が経済的に自立できないから
「今の生活レベルを落としたくない」「仕事がない、働けそうにない」「シングルマザーで食べていく自信がない」など、おもに妻の側が夫と別れることで強いられる経済的な自立について、自信が持てないために仮面夫婦を選ぶこともあります。

理由その3:道徳的に「離婚はしてはいけないもの」と思っているから
「夫婦はどんなことがあっても添い遂げるもの」「離婚は世間体が悪い」「子どもが成人するまでは離婚せずにいるべき」といった、「離婚=マイナス」という思い込みがあると、別れたくても別れないでいる生活を選ぶケースもあります。

1 2


アラサー 婚活 セカンド 結婚 金運 恋愛運 美人探偵 貧困女子 浮気事件簿 恋愛講座 派遣 iPhone アプリ 恋愛 アラフォー 不倫 占い 時短 運勢 派遣女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!