なぜ「貧乏ゆすり」をする人は生活音も大きいのか?

なぜ「貧乏ゆすり」をする人は生活音も大きいのか?

隣の足元からガタガタガタガタと振動が聞こえ、気になって仕方がない。相手の足元の振動が気になり、食卓の雰囲気が台無しになる。このように、近くにいる人の「貧乏ゆすり」に不快感を覚える方は少なくないものです。

貧乏ゆすりはフラストレーションを解消する「固着反応」

では、そもそもなぜ人は「貧乏ゆすり」をするのでしょう? 貧乏ゆすりは、フラストレーションを楽にするために繰り返す無意味な反応の一つ。これを「固着反応」と呼びます。固着反応には、他にも爪を噛む、頭をかきむしる、髪の毛を指で回す、指でテーブルを叩く、というようにたくさんの行動があります。無意識にやっているため、本人はその行動の影響に気づいていません。そのため周りが不快になり、イライラを募らせてしまうのです。

「貧乏ゆすりをする人って、生活音が大きい気がするよね。ため息をつきながらうろうろ歩き回ったり、ドアを閉める音が大きかったり……」といった不満の声もよく聞きます。これは、貧乏ゆすりと同じような固着反応をいくつもとっているため、音を発する機会が多くなったり、目障りな行動を繰り返してしまうせいでしょう。

貧乏ゆすりを“なくす”ための二つの方法

貧乏ゆすりをはじめとする固着反応は、病的なものではありません。むしろ、自他を傷つけることなく、健康的な手段でフラストレーションを解消していると言えます。とはいえ、スマートな行動ではありませんし、周りに不快感を与えてしまいます。したがって、気づいたらやめるようにすることが大切です。

では、貧乏ゆすりを頻繁にしてしまうのはなぜでしょう?

一つ目の理由として、フラストレーションをためやすい考え方をしていること。二つ目の理由として、固着反応によるフラストレーションの解消に頼りすぎていることが考えられます。したがって、フラストレーションをためない考え方を取り入れ、解消法のバリエーションを広げることが重要になります。

【解消法1】フラストレーションをためない考え方を取り入れる

たとえば、仕事がはかどらなくてイライラした時、「この程度の仕事ができないようではだめだ」と焦ったり、「なぜあの人みたいに、スムーズにこなせないのか」と他人と比べて落ち込んだり、「こんなに大変なのに、周りの人はなぜ手伝ってくれないの?」と周囲への苛立ちを募らせたりする。こうした考え方は、フラストレーションをためやすい考え方です。

こうした考え方をなくすには、これらの考えが一瞬、頭に浮かんだときに、別の合理的な考え方に修正していくことです。「仕事はうまくいかない時もある。続けているうちに上達するから大丈夫」と大らかな考え方をインプットする。「人それぞれに仕事の進め方は異なる。他人と比べても意味はない」と自分に語りかける。「手が空いていたら、少し手伝ってもらえますか?」と周囲に協力を依頼する。このように、合理的な考え方に修正して行動すれば、フラストレーションをためにくくなります。

貧乏ゆすりを“なくす”には? 二つ目の方法は次のページで。

貧乏ゆすりを“なくす”には? 二つ目の方法は次のページで。

1 2
恋愛運 その1 貧困女子 不倫 恋愛講座 浮気 時短 運勢 アラフォー アプリ iPhone 占い 恋愛 婚活 金運 アラサー 美人探偵 浮気事件簿 結婚 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。