【眠れないあなたへ】暑~い夏がやってきた!熱帯夜に快眠するためにやっておきたいこと

【眠れないあなたへ】暑~い夏がやってきた!熱帯夜に快眠するためにやっておきたいこと

4.頭を冷やすのはOK 

冷凍庫で凍らせて使う冷やし枕も有効です。頭は汗っかき。それは頭の中が熱いから。頭部を冷やしてあげることで体温を下がりやすく、入眠しやすくなります。

注意したいのは冷やし枕を当てる場所です。暑いからと言って首筋に当てると、冷たすぎて逆に入眠を妨げてしまうおそれがあります。あくまで頭を冷やしましょう。頭寒足熱の原則は夏も変わりません。

5.パジャマを着よう!

夏に限りませんが、特に寝苦しさを覚える季節には着ているものにも気を使いたいもの。部屋着のTシャツ、短パンをパジャマ代わりにしていませんか? 綿や麻素材の、通気性、吸湿・放湿性の高いパジャマを着て寝ましょう。暑いからといってキャミソールなど露出の多いものは、体が冷える原因になりNGです。

6.ぬるめのお風呂にしっかり入る

シャワーで済ませてしまう人が多い夏ですが、それが寝苦しい夜の一因にもなっています。夏とはいえ、オフィスや電車のエアコンでギンギンに冷やされ、体の芯から冷えてしまっている女性は少なくありません。また、夏は冷たい飲み物、食べ物をとることも多く、これも体を冷やす原因です。

冷えを解消するにはやはりお風呂がいちばんです。38~40℃ぐらいのぬるめのお湯に20分、しっかりつかってください。血行がよくなり、副交感神経が優位に働き始めると、自然に睡眠モードへ移行していきます。

以上、熱帯夜に快眠するためにやっておきたいことでした。W杯が終わっても、暑い夜はつづきます。しっかり眠り、しっかり疲れを取り、楽しい夏をお過ごしください!

 

まぶしい夏が呼んでいる! 快眠で夏を元気に!

賢人のまとめ

暑さで睡眠が十分にとれないと、仕事にも影響が出てしまいます。良質な睡眠を得るためにも、6つのテクニックを活用してくださいね。

1 2

賢人プロフィール

睡眠の賢人友野なお

睡眠を改善したことにより体質改善に成功した経験から、睡眠を専門的に研究。
科学でわかるねむりの環境・空間ラボ主宰。著書に『やすみかたの教科書』(主婦の友社)、『疲れがとれて朝シャキーンと起きる方法』(セブン&アイ出版)、『正しい眠り方』(WAVE出版)など。

アラフォー 恋愛運 婚活 時短 アラサー 恋愛 金運 占い 運勢 美人探偵 占星学 貧困女子 不倫 結婚 派遣女子 アプリ 恋愛講座 派遣 iPhone 浮気事件簿
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!