【眠れないあなたへ】生理前こそ思い切り泣ける!デトックス映画で快眠のすすめ

【眠れないあなたへ】生理前こそ思い切り泣ける!デトックス映画で快眠のすすめ

生理前になるとよく眠れない、という悩みはよく聞かれます。以前、私が参加した研究でも、女性の生理およびPMSが睡眠の質を左右することが明らかになりました。一般的な傾向としてPMSが強い人ほど、睡眠への影響も強くみられます

PMSが強いほど睡眠にも影響が

睡眠とホルモンバランスには深い関係があるのです。

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

エストロゲンは抗ストレスホルモンとも呼ばれるホルモンですが、生理前から分泌が減少します。そのため、生理前・期間中の女性はストレスに弱い状態になってしまのうのです。ちょっとしたことで不安になったり、悲しくなったり、イライラしたりと情緒不安定になることも。結果としてストレスが増し、眠りにくくなってしまうフローができあがってしまうのです。

一方、プロゲステロンには体温を上げる働きがあります。排卵後に分泌が増え、高体温になりますが、この時期に人によっては精神的に不安定になったり、頭痛や腹痛が出たりと、いわゆるPMSが生じる一因になります。

PMSの度合いは個人差が大きく、睡眠に生じる影響も人それぞれですが、体温のリズムによって女性には毎月眠りづらい時期が訪れることは確かです。

生理中でも足浴、手浴は必要

対策としては、生理前・期間中は体に無理をさせないことがベースになります。なるべくストレスを避けるよう心がけましょう。基礎体温をつければ、次の生理時期を予測できますね。その期間は仕事を詰め込まない、夜の飲み会や女子会はキャンセルするなど調整してみましょう。スケジュールを組む際に、生理期間を優先した予定を立てる習慣ができるといいですね。

また、生理期間中はお風呂に入らずシャワーだけだと体がしっかり温まりません。私たちは夜、四肢から体温が放散され、深部体温が下がることで眠くなっていくのですが、シャワーだけでは役不足です。

生理中は足浴、手浴をして体を温めましょう。少し熱め(42〜43℃)のお湯を張って足先から足首、手の先から手首をあたためましょう。

さらに、これは生理期間中に限りませんが、腰まわり、お腹まわり、首まわりも冷やさず、温めておくことも大切です。

1 2


セカンド 浮気事件簿 婚活 iPhone 時短 貧困女子 派遣女子 アラサー 不倫 美人探偵 アプリ 恋愛運 金運 占い 結婚 運勢 派遣 アラフォー 恋愛 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!