【眠れないあなたへ】アラサー世代が熟睡できない4つの理由

【眠れないあなたへ】アラサー世代が熟睡できない4つの理由

いい眠りには「量」と「質」の2つの要素があります。どちらが欠けても快眠は得られません。

量とは睡眠の「時間」のことですが、日本人の睡眠時間は総じて不足気味。特に女性は男性よりも睡眠時間が短い傾向にあり、中でも40代と50代の女性は世界で最も眠っていないということが明らかになっています。また、日本人の場合は量が足りていないだけでなく、質も悪いことがこれまでの調査で明らかになっているのです。

10年前までなかった「デジタルストレス」も

なぜ日本人は量・質ともに低いのでしょうか。「眠れない」あるいは「眠らない」理由は様々ですが、アラサー世代に当てはまる理由を整理してみましょう。

1つめは、「スマホ」です。寝る直前までスマホを見ていませんか? スマホ片手に寝落ちしている人もいるのではないでしょうか。

スマホやパソコンなどのモニターから発せられるブルーライトは、睡眠ホルモンの分泌を抑制し、眠りを妨げます。特にスマホの画面から発せられるブルーライトの曝露量はあらゆるデバイスの中で最も多いという指摘もあるので、寝る直前までスマホを見ていると脳が覚醒してしまい、当然、眠りにつきにくくなってしまうのです。

2つめはストレス。アラサー世代は、日頃からさまざまなストレスを感じている人も多いと思います。仕事では責任が増し、部下もできるでしょう。プライベートでは結婚や将来についてシビアに考えなくてはならない時期。周囲からのプレッシャーもあったり、また人によっては親の介護の問題が出てきたりする時期。自分自身の体力、健康や美容にも不安が出てくるころです。アラサーはストレスの多さゆえに、熟睡感が損なわれやすい世代と言えます。

これに関連し、理由の3つめとして、アラサー世代はどうしても「やることが多い」ことが挙げられます。「やらなくてはいけないこと」と「やりたいこと」が満載で、いつも忙しいのです。仕事している時間が長い上に、家に帰ってからもメールを見たり、仕事のことを考えてしまったり。ただでさえ短い睡眠時間ですから、「早く寝なくちゃ」と思いつつも、頭が仕事モードのままなので熟睡できず、夢でも仕事していた……なんていう人も。

以上全般にかかることですが、4つめの理由として「デジタルストレス」が大きな障害になっていると思います。LINEやインスタなどSNSツールは確かに便利なのですが、振り回されストレスになっている人が多いのも事実です。「いいね!」の数を気にしたり、他の人の上げたインスタと自分を比べて「あの人はリア充してるのに私は……」と焦ったり。

寝るまでスマホを手放せないので、自分で「お休みスイッチ」を押すことができません。仕事モードから休息モードに切り替えられず、切り替える余裕すら失っている。ストレスを発散することができず、逆にたまってしまう……。スマホは便利な一方、ストレスの元にもなっていると思います。

1 2


派遣女子 金運 アプリ 派遣 恋愛講座 占い 婚活 恋愛 アラフォー 占星学 不倫 美人探偵 時短 アラサー 貧困女子 浮気事件簿 恋愛運 結婚 運勢 iPhone
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!