【20代で知りたかった30代の正解】「まだ使うかもしれないから」と捨てない言い訳を繰り返す汚部屋女はずっと独身

【20代で知りたかった30代の正解】「まだ使うかもしれないから」と捨てない言い訳を繰り返す汚部屋女はずっと独身

なかなかいい出会いがないという女性の部屋・化粧ポーチを見せていただくと、高確率で汚い……。今回は物が捨てられない女性が結婚できない理由をご説明します。

あなたの化粧ポーチに使い古した化粧品がは入っていませんか?

出会いのスイッチがオフなのは化粧ポーチから分かる

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

ご相談にいらっしゃる方に任意ですが、見せていただいているものがあります。1つは化粧ポーチ。

中には化粧ポーチに、ハンドクリームや目薬、生理用品ぐらいしか入っていない方もいます。要するに化粧直しをするとか、いつ男性から見られてもいいようにと準備をしていないのです。もちろん、崩れないように工夫をしているわけでもありません。適当なのです。

また、化粧品は入っていても、いい縁のこない女性の化粧ポーチは大概汚い。ノベルティーや雑誌の付録や誰かからのお土産ポーチを使っていて、ポーチそのものがまず安っぽいことが多いのも特徴です。自分でお金を出して買っていないので、汚れないように大切に使おうという気遣いもなく、薄汚れているのです。

中から出てくるのは、時代遅れの色の口紅や、ケースの底が見え角に粉が付いてる程度のチーク、何年も洗っていないパフ、割れて粉々になったアイシャドウ等。これらはすべて捨てたほうがいいでしょう。

よく、もう捨ててくださいとお伝えしているのが、2010年頃に発売されてメディアで「婚活リップ」と紹介された外資系メーカーのピンクベージュの口紅。多分、20代の方は知らないでしょう。

アイラインで目の周りを囲むのが流行り、アイメイクに力が入っていた2010年ごろに、唇が色素沈着もせず縦ジワもない20代の女性がその口紅をつけたら、いいご縁を運んだのかもしれません。しかし、血色よく見せるメイクが主流の今、だんだん血色が悪くなった30代女性がベージュピンクなんてつけても不健康にしか見えないのに。

メディアでは「これが流行っている」という情報は得られても、「これはもう止めよう」という情報は出ていません。

デート予定のない女ほど、服が多い

もう1つ見せていただいているのが、部屋の写真です。

およそ半分の女性は汚部屋です。もちろんキレイにしている方もいますが、長年彼氏がいない女性は、部屋に他人を呼ぶ機会が少ないので掃除を怠るのです。特に実家暮らし女性だと、8割以上が汚部屋でいまだに学習机があるような子ども部屋の方も多いです。

散らかる原因は、物が多すぎること。特に多いのが服・靴です。

クローゼットに入りきらない服が部屋に散乱していて、スカートが20〜30着あるという人もザラです。体は1つなのだから、スカートは5着もあれば1か月十分気回せるでしょう。

27歳ぐらいの人が着ていれば可愛いタック入りのフレアスカートやビジュー付き丸首カーディガンも、30代が着ても可愛くないので捨ててください。ただの幼いおばさんになるだけです。

安室ちゃんが着用して人気になったチェックのスカートをいまだに持っている方もいました。そんな時代遅れのスカートは捨てればいいのに、「高かったから」「チェックはまだ使えるかな」とかモノ主体で考えて、なかなか捨てられないのです。

1 2
アプリ 美人探偵 恋愛講座 派遣 浮気事件簿 iPhone 占い 金運 アラフォー 運勢 派遣女子 セカンド 時短 結婚 貧困女子 不倫 婚活 恋愛 アラサー 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!