【20代で知りたかった30代の正解】「認められたい……」増大する承認欲求!良妻賢母を目指す女性ほど、婚活が苦しくなる

【20代で知りたかった30代の正解】「認められたい……」増大する承認欲求!良妻賢母を目指す女性ほど、婚活が苦しくなる

「愛されたい」「認められたい」そんな気持ちが強いほど、実は婚活は苦しくなります。政治家が「生産性」と言いだせば自分が責められているように感じる未婚女性もいるかもしれません。

結婚、出産を義務のように感じてしまう真面目な女性ほど、認められるために婚活して疲れてしまう。そんな方こそぜひ読んでください。

認めてもらいたくて婚活をする女性たち

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

真面目な女性はある年齢を超えるあたりから独身だと、周りから結婚の圧力を感じてしまいやすい傾向にあります。SNSで同僚や同級生の結婚ニュースが目に飛び込んできやすくなり、婚活という言葉も浸透してきました。

そして、周りから認めてもらうために婚活を開始します。

相手の男性に会えば、「私のことどう思っているのかな?」「2回目の食事に誘われたけれど私と結婚する気はあるのかな?」と常に相手の気持ちを探ります。

婚活をするほど、承認欲求が肥大化し「分かって欲しい」「認めて欲しい」という気持ちに振り回されて、どんどん婚活の沼にハマってしまう女性たち。認めてもらいたくて勝手に苦労し、結婚している人と自分を比較して独身の自分を責め自分を追いつめる女性達は多いのです。

「どこ行きたい?」「どこでもいい」と答え相手に合わせすぎる

婚活シーンならお決まりのやり取りがあります。

男性から「どこ行きたい?」「何か食べたいものある?」とデートプランの質問をされたとします。その時に、相手の気持ちを勝手に察する女性は良かれと思って、

「なんでもいい」

「あなたが行きたいところ」

と相手に合わせようとします。

ケーキが食べたいとしても「甘いモノは男性は苦手かもしれない」と勝手に察して、自分の要望を言わないのです。または、普段から自分の気持ちに蓋をしているので、「どこ行きたい?」とやりたいことを聞かれても出てきません。

しかし、相手の男性からすると、何もヒントがない中でデートプランを決める方が難しいのです。「ケーキが好き」「美術館に行きたい」と要望をポンポン言ってくれる女性の方が喜ばせ方も分かるので扱いやすいでしょう。

相手の顔色をうかがって自分の気持ちを伝えない我慢する女性より、思ったことをどんどんいう「わがまま」な女性の方がさっさと結婚してしまうのはこの違いがあるのです。

1 2 3
貧困女子 セカンド 派遣 時短 浮気事件簿 恋愛講座 婚活 金運 不倫 恋愛 浮気 派遣女子 結婚 占い アプリ iPhone 美人探偵 運勢 アラサー アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!