【その薬、本当に必要?】「生理痛」と「頭痛」にどうして同じ薬が?生理痛に効く薬ってないの?

【その薬、本当に必要?】「生理痛」と「頭痛」にどうして同じ薬が?生理痛に効く薬ってないの?

生理痛に悩む女性が増えていると聞いています。このシリーズでは「鎮痛剤」「痛み止め」について何度か取り上げてきました。毎月おとずれる生理痛に悩む女性にとって、鎮痛剤は頼みの綱かもしれませんね。つらい症状を抑えることは大事です。

でも薬に頼りつづけていても痛みはなくなりません。薬は病気を「治す」ものではなく、症状を一時的に抑えるものでしかないからです。「薬を飲めば治る」と思っていると、ずっとその薬を手放せなくなってしまいます。

薬についての正しい知識、賢い使い方をぜひ身につけていただきたいと思います。

生理痛にはイブプロフェン?

「頭痛・生理痛に○○○○」という謳い文句の鎮痛剤が多いですよね。頭痛と生理痛、痛くなる場所はぜんぜん違うのになぜ同じ薬なの?と思ったこと、ありませんか?

実は、頭痛も生理痛も痛みを引き起こしている物質が同じ。だから同じ薬が効くのです。

頭痛や生理痛、腹痛、胃痛、どの部位でも、痛みを発生させるのは「プロスタグランジン」という物質です。ホルモンのように働くもので、体にとって必要な物質ですが、これが出過ぎると痛みが発生します。「鎮痛剤」はこのプロスタグランジンの分泌を抑える作用をします。

鎮痛剤には、熱を下げる作用と、炎症を鎮める作用があります。有名なところでは、「ロキソニン」に入っているロキソプロフェン、「イブ」のイブプロフェン、「ボルタレン」のジクロフェナク、「カロナール」のアセトアミノフェンなど。ドラッグストアに並ぶ鎮痛剤のほとんどに、上の成分のいずれかが入っています。

ところで最近、「生理痛専用薬」と謳った薬「エルペイン」が市販されました。これまでの鎮痛剤と何が違うのでしょうか?有効成分はイブプロフェンです。

イブプロフェンは鎮痛成分の中でも、「子宮移行率」すなわち薬効成分が子宮へ届く割合が高いとされています。生理痛にはロキソプロフェンやアセトアミノフェンも効くのですが、より生理痛に効果がありそうな鎮痛成分がイブプロフェンということです

「エルペイン」には、このほか2つの特徴が見られます。ひとつは、お腹のキューッとした痛みをやわらげる「プチルスコポラミン臭化物」という成分が配合されていること。

もうひとつは「無水カフェイン」が配合されていないこと。

無水カフェインはカフェインと同じで、眠気ざまし、覚醒作用があります。鎮痛剤には無水カフェインが配合されたものが多いのですが、これは「薬で痛みを抑えて、仕事しよう」という人には合っていると思います。痛みがある時は頭がボーッとしがちですから、それをカフェインで覚醒させようということでしょう。

またカフェインには利尿作用があります。生理の時は体がむくみやすい人もいると思いますが、むくみ解消という意味ではカフェインは有効です。

ただし。生理痛の時に痛みを抑えて働こう!という発想にはそもそも無理があります。生理期間中は眠いという女性は多いと思いますが、それは本能のなせる技、自然現象だと思います。本来、生理期間中は体を休めるべき。だから生理痛がやって来たら、それは「活動的に仕事したり動いたりしないで、よろしかったらお休みください」という体からのサインだと思えばいいのです。

その意味で、無水カフェインが入っていない薬は、「痛みを抑えて、ゆっくり休んでいよう」という人向けと言えるでしょう

1 2
恋愛 アラサー アラフォー セカンド 占い iPhone 美人探偵 恋愛講座 結婚 浮気事件簿 時短 不倫 派遣 派遣女子 婚活 恋愛運 貧困女子 アプリ 運勢 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!