【その薬、本当に必要?】「早めに飲めば、早めに治る」の落とし穴

【その薬、本当に必要?】「早めに飲めば、早めに治る」の落とし穴

薬を使わない薬剤師、宇多川久美子先生にお薬の使い方を教えてもらうシリーズ。当たり前のことですが、お薬を飲まずに済むならそれに越したことはありませんね。でも中には、医療はとても進化しているし、いいお薬が開発されているのだから、それを飲んでどうしていけないの?と思われる方もいるかもしれません。

早めの一錠が免疫システムを弱くする

そこで宇多川先生に今一度、聞いてみました。

「どうしてお薬に頼っちゃいけないの?」

お薬に頼っちゃいけないのは、早めの一錠が免疫力を弱めてしまうから〜!
(チコちゃんふうに聞かれたので、チコちゃんふうに答えてみました。)

季節の変わり目、早くもかぜ薬のCMが流れ始めましたので、かぜ薬を例にご説明しましょう。熱っぽい、寒気がする、そんなとき早めにかぜ薬を飲めば次の日スッキリ!といったイメージが世の中に広く行き渡っているかと思います。

でもそれが落とし穴! 

「体温が1度上がると免疫力は3割上がる」と言われています。かぜを引くと熱が出るのは、私たちの身体が、免疫力を高めるために体温を上げているからです。

たしかに、かぜ薬には解熱成分が入っているので熱は下がるでしょう。しかし、体温が上がらないので免疫力も上がりません。熱が下がって、いったん治ったように見えて、またすぐ具合が悪くなってしまう人が多いのはこのためです。

もともと私たちの体には病気や怪我を治す力、すなわち「自然治癒力」が備わっています。自然治癒力の主役が免疫システムです。たとえば身体にかぜウイルスが侵入してきたとき、熱を上げたり、咳で吐き出したり、鼻水で流したりしてウイルスの増殖を抑えようとします。熱や咳、鼻、のどの痛みといった不快な症状は、自分の免疫システムがウイルスと闘っている証なのです。

ところが早めに薬を飲んでしまうと、免疫システムはうまく働きません。かぜ薬を飲むと、たしかに症状は抑えられるかもしれません。それが、「早めに飲めば早めに治る」という思い込みを強固なものにしていくのだと思います。でも一時はよくても、長い目で見れば免疫力を弱めてしまうことになるのです。

1 2
美人探偵 金運 時短 浮気事件簿 不倫 運勢 結婚 派遣 アラサー 恋愛講座 派遣女子 貧困女子 婚活 占い iPhone 恋愛運 アプリ セカンド 恋愛 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!