【その薬、本当に必要?】今や常識!「切り傷は絆創膏よりラップ」のほうが早く治るわけ

【その薬、本当に必要?】今や常識!「切り傷は絆創膏よりラップ」のほうが早く治るわけ

「湿潤療法」という言葉をご存知ですか?切り傷、すり傷、やけどなどの怪我をしたとき、以前は傷口に消毒薬をかけ、ガーゼ付の絆創膏を貼っておくことが多かったと思いますが、湿潤療法ではそれを行ないません。傷口を水で洗い流したら、消毒薬をかけず、ガーゼをつけず、ただ傷口が外部と触れないようにパッドを貼っておきます。これだけです。この湿潤療法のほうがキズは早く治ります。

常在菌を殺さないで!

なぜ消毒をしないほうがいいのでしょうか?理由は簡単。

消毒するのは、傷口からバイ菌が入るのを防ぐためですね。しかし、人の体には、自らの力によってキズを治す力があります。それには自分の体に着いている菌(常在菌)の力も必要です。消毒薬をかけてしまうと、キズを治すために必要な常在菌まで殺してしまうことになります。するとどうなるでしょう?キズを治す力が弱くなりますから、治癒までに時間がかかります。

みなさんも経験があるかと思いますが、絆創膏を剥がすとき、かさぶたが剥がれて痛かったこと、ありませんか?絆創膏を貼ると患部が乾燥します。そのため、かさぶたがパリパリになって剥がれやすくなるのです。

かさぶたが剥がれると→また患部に消毒薬をシュッシュッ→絆創膏を貼る→患部の常在菌が殺菌される→乾燥する→絆創膏をはがすときにペリペリはがれて痛い。→また患部にシュッシュッ……。

なんてことを繰り返していたら、いつまで経っても治りません。まったくもってナンセンスな話です。

1 2
恋愛 占い 派遣女子 運勢 時短 アラフォー セカンド 派遣 浮気事件簿 婚活 結婚 アラサー 恋愛運 美人探偵 貧困女子 金運 iPhone 恋愛講座 アプリ 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!