【その薬、本当に必要?】本気で考えよう、20代~30代の乳がん検診はマストで受けるべきなのか?

【その薬、本当に必要?】本気で考えよう、20代~30代の乳がん検診はマストで受けるべきなのか?

今年も乳がん検診の啓蒙イベント、ピンクリボンキャンペーンが行なわれます。先月乳がんで亡くなられたさくらももこさんのこともあって、今年はいちだんと熱がこもっているように感じられます。乳がん検診の方法やメリットについては、さまざまなメディアから伝えられていますので、ここではそれ以外のお話をしたいと思います。

検診を受けても見逃された乳がん

はじめに、乳がん検診に限った話ではありませんが、検診を受けることにはメリットとデメリットがあります。

もちろん「早期発見、早期治療」のメリットはあります。「がんではない」とわかって安心して過ごせることもメリットのひとつです。

ただ、ぜひ知っておいてほしいのは、検診で「陰性」と診断された場合でも、本当に「がんでない」とは言い切れないということです。

わかりやすい例として、数年前のタレントの北斗晶さんの症例をお借りしてお話しましょう。北斗さんは40代後半で乳がんが発覚し、摘出手術を受けました。でも、北斗さんはそれまでにも一年に1回、乳がん検診を受けていたとおっしゃっていました。それでも直径2センチのがんが発覚したのです。このとき北斗さんは“ですからみなさん、ちゃんと検診を受けてください”とメディアで呼びかけました。

しかし冷静にみれば、北斗さんの症例は「検診を受けても見逃されるがんがある」ことを示しているのではないでしょうか。 

実際には、世の中は「もっと検診を受けよう!」という方向に流れました。闘病中のご本人から痛切なメッセージが発信されたことで、その後しばらく婦人科のマンモグラフィー検診の予約が数か月先まで埋まったと聞いています。

検診に伴うリスクも知っておきたい!

検診につきもののリスクを説明します。特にLosefatpro WOMAN読者の20〜30代の女性には知っておいてほしいことです。

1 .マンモグラフィーで発見されないがんもある

特に若いうちは乳房内の乳腺の密度が高いため、マンモグラフィーの画像に写らないこととも多いのです。そもそも日本のガイドラインでは20〜30代にマンモグラフィーを推奨していません。これはマンモグラフィー検診を受けても、乳がんによる死亡率に有意な違いが見られないことによります。

1 2
アプリ セカンド アラフォー 貧困女子 恋愛講座 恋愛 iPhone 美人探偵 派遣 結婚 アラサー 浮気 婚活 時短 金運 不倫 運勢 占い 派遣女子 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!