【その薬、本当に必要?】「飲む前に飲む」と本当に効く?ウコン系飲料の落とし穴

【その薬、本当に必要?】「飲む前に飲む」と本当に効く?ウコン系飲料の落とし穴

以前、某チェーンの居酒屋に入ったとき、びっくりしたことがあります。テーブルについて店員さんに「今日のおすすめは何ですか?」とたずねたら、「まずはこれです!」と元気よく「ウコン系飲料」をすすめられたからです。

「飲む前に飲む」が、すっかり普及してしまったなあと感じました。最近は夕方に繁華街近くのドラッグストアでウコン系飲料を立ち飲みしている人をよく見かけますし、「へパのほうが効きそう!」などと楽しそうな声も聞こえてきます。ヘパとは「ヘパリーゼ」のことでしょうねえ。これを読んでくださっているみなさんも、飲む前に飲んでいらっしゃるでしょうか?

クルクミンが肝臓の機能を助ける?

ところで、ウコン系飲料がどうして二日酔いや悪酔いに効くのかご存知ですか?

ウコンはショウガ科の植物で、見た目もショウガに似ています。カレーのスパイス、クルクミンの元としても有名ですね。そして二日酔いに効くといわれるのも、このクルクミンのおかげ。クルクミンには肝臓の機能を助ける働きがあると言われています。

お酒を飲んで二日酔いになるのは、アルコールが体内で分解してできるアセトアルデヒドという成分のせいです。これが頭痛、吐き気などの原因になります。ですから、体にアセトアルデヒドが残らなければ二日酔いになりません。アルコールを分解し、さらにアセトアルデヒドを分解しているところも肝臓です。だから肝臓の機能が高まれば、アセトアルデヒドの分解力も増して、酔いにくいし二日酔いにもなりにくくなるというわけです。

肝臓にかかる負担はむしろ増える

じゃ、やっぱり飲む前に飲むのがいいのね! と思った人、ちょっと待って!

1 2
占い 時短 派遣 アプリ アラサー 婚活 恋愛講座 運勢 iPhone 金運 恋愛 結婚 セカンド 浮気事件簿 美人探偵 浮気 不倫 恋愛運 貧困女子 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!