【その薬、本当に必要?】富士山に登りたい!高山病を予防する薬はありますか?

【その薬、本当に必要?】富士山に登りたい!高山病を予防する薬はありますか?

「私は今年の夏、富士山の登頂を目指しています。心配なのは高山病です。以前、2000m以上の山に登ったとき、頭が痛くなって吐き気がした経験があります。高山病を予防する薬があるそうですが、どんな薬ですか?」(通信・33歳)というご質問です。もうすぐ山の日、登山計画をたてている方もいるのではないでしょうか?早速、宇多川先生に聞いてみましょう!

血中酸素を増やす作用が“山酔い”にも効く

先日、エベレスト登頂を目指した登山家の栗城史多さんが亡くなられたニュースがありましたね。エベレストとはレベルが違いますが、高山病に備えることはよいことだと思います。

質問者さんのいう高山病の予防薬とは「ダイアモックス」という薬だと思いますが、これは「高山病の薬」というわけではありません。主に緑内障やてんかん、メニエル症候群、睡眠時無呼吸症候群などに適用されるお薬です。

「ダイアモックス」の主成分はアセタゾラミドといいますが、これは簡単に言うと、血中の酸素量を増やす作用をする薬です。一方、高山病は、高地で血中の酸素量が欠乏することによって、気持ち悪くなったり、ふらついたり、頭痛、吐き気などが生じるものです。高山病の対処法としては酸素ボンベで酸素吸入するか、下山するかですが、アセタゾラミドの血中酸素を増やす作用によって、高山病の症状を緩和する効果が期待できるのです。このようにダイアモックスは究極の対症療法薬であって、高山病を予防することはできません。

“酔い止め”的なプラセボ効果が期待できる

高山病は別名“山酔い”と言いますが、“クルマ酔い”にとても似ていると思います。クルマで酔う人もいれば、一度も酔ったことがないという人もいますよね。高山病も2000メートルでなる人もいれば、3000メートルまで大丈夫という人もいます。つまり個人差が大きい。

また心理的な影響も大きいと思います。一度でも酔った経験があると、次も酔ってしまうのではないかと心配になり、案の定、気持ち悪くなってしまう……。こういった経験、クルマ酔いのしやすい人には覚えがあるのではないでしょうか。かように人の心理はデリケートで、ちょっとしたストレスによって気分が左右されてしまうのです。

1 2
時短 アプリ 恋愛運 占い 浮気事件簿 恋愛講座 貧困女子 金運 派遣 iPhone 不倫 恋愛 婚活 アラサー アラフォー セカンド 派遣女子 運勢 美人探偵 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!