【その薬、本当に必要?】体からのSOS!大人の夏かぜは免疫力低下注意報

【その薬、本当に必要?】体からのSOS!大人の夏かぜは免疫力低下注意報

いつからかよくわからないが気がつくと体調がすぐれず、熱を測ったら38℃もあった……、薬を飲んでも長引く……。

暑さでバテる夏は、実は免疫力が低下しやすい季節。その弱ったところをウイルスに襲われ、感染してしまうのが夏かぜです。

夏かぜと冬かぜの原因、何が違う?

 

冬かぜは何が違うのかというと、感染するウイルスの種類です。ウイルスは低温低湿を好むものが多く、だからこそ冬にかぜが流行るわけです。冬かぜのウイルスとしてはライノウイルスやインフルエンザウイルスが有名です。

しかし中には、高温多湿の環境が大好きというウイルスもいます。代表的なのは、アデノウイルス、エンテロウイルス、コクサッキーウイルスです。みなさんも、ひとつぐらい耳にされたことがあるのではないでしょうか。

次に夏かぜの種類ですが、いわゆる「手足口病」「プール熱」「ヘルパンギーナ」が3大夏かぜです。いずれも子どもがかかりやすいので「子どもの3大夏かぜ」などと呼ばれます。が、大人が夏かぜを引くこともありますね。子どものいる家庭では、外で感染してきた子どもからうつることもあるでしょう。いずれにしろ、大人が夏かぜにかかるのはよほど免疫力が低下している状態と言えるでしょう。

ただでさえ暑いのに加え、食欲がなくてきちんと栄養が取れていない。夜は寝苦しくて寝不足気味。ついつい冷たいものをゴクゴク。ビールの飲み過ぎ……などなど、夏特有の生活習慣や不規則な生活時間が体力の低下につながる一因かもしれません。

1 2
浮気事件簿 時短 恋愛 浮気 不倫 恋愛運 運勢 金運 占い 貧困女子 アプリ 派遣 アラサー 婚活 恋愛講座 美人探偵 アラフォー 結婚 iPhone セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!