【その薬、本当に必要?】高いから体にいいわけじゃない!熱中症予防に経口補水液を飲んではいけない理由

【その薬、本当に必要?】高いから体にいいわけじゃない!熱中症予防に経口補水液を飲んではいけない理由

夏本番。猛暑日を迎えている地域も少なくありません。「熱中症には十分注意しましょう、水分を十分とりましょう」の季節です。

今回は「経口補水液」についてお話しします。最近はテレビのCMでも見ますし、スーパーでも買えるようになってきました。ポカリやアクエリアスなどの、いわゆるスポーツドリンクよりもお値段高めですが、何が違うのかご存知ですか? 値段が高い=体にいいかも、と思い込んでしまうと、誤った飲み方をしてしまうことにもなりますので、違いをきちんと理解しておきましょう。

そもそも経口補水液ってどんな水?

 

経口補水液とは食塩とブドウ糖が入った水で、脱水症状を起こしている人に素早く水分補給させるために作られた飲料です。

薬局やドラッグストアでよく見かける某経口補水液の成分表には、100mlあたり「食塩相当量0.292g(ナトリウム115ng)」「ブドウ糖1.8g」と表示されています。他の製品も、ほぼ同じような分量が入っています。

熱中症の予防に飲むものでありません

食塩は化学名では塩化ナトリウムです。いわゆる電解質というもので、塩分も体液より濃い濃度なので、すみやかに体に吸収されます。

食塩とブドウ糖ですから決しておいしいものではありませんが、そもそも経口補水液は清涼飲料水ではなく、医療用に作られたものです。おいしさは追究していません。脱水症状を起こした場合、点滴で水分補給を受けるのが一般的ですが、そうした施設がなく、医療者もいないような途上国などで応急処置用に提供され、発達していった飲み物です。点滴するのが難しい乳幼児にもよく使われています。

1 2
占い 婚活 結婚 アラサー iPhone 不倫 恋愛運 占星学 恋愛講座 浮気事件簿 貧困女子 金運 アプリ 運勢 派遣 恋愛 時短 アラフォー 美人探偵 派遣女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!