【その薬、本当に必要?】デリケートゾーンのかゆみ、市販薬で治りますか?

【その薬、本当に必要?】デリケートゾーンのかゆみ、市販薬で治りますか?

一説には、女性の2人に1人はデリケートゾーンのかゆみに悩みをもっているといいます。

でも「婦人科に行くのはちょっと……」と、抵抗を感じる人が多いですよね。特に未婚の女性にはハードルが高いようです。そのためまず市販薬に頼る人が多いと思います。

市販薬で済むものと済まないものがある

ひと言でデリケートゾーンのかゆみと言っても、原因がさまざま。その知識を持った上で、市販薬で対処する、受診するという判断をしてもらいたいと思います。

はじめに、かゆみの原因は大きく分けて2つあります。

ひとつは、単にムレたり、スレたりして生じる炎症です。よく聞くのは脱毛後に生じるかゆみ。肌が傷ついて炎症が起きやすい状態になっているのです。これらにホルモンバランスのくずれや疲れ、ストレスなども微妙に関係しています。疲れがたまっていると免疫力、抵抗力が落ちて、炎症が起きやすくなるのです。

もうひとつはカビが原因で発生するものや、ウイルスの性感染によるもの。これらは婦人科を受診して治療すべきものです。市販薬では改善しません。

一般的なかゆみ止めでOK

ムレやスレなどの刺激によるかゆみでしたら、かゆいのをがまんして、症状を悪化させてしまうよりは市販薬でかゆみを緩和させたほうがベターです。かけばかくほど炎症は悪化し、すると今度はそこから菌が入り込みやすくなるからです

炎症によるかゆみは、市販薬で緩和することができます。

ですから、まず市販薬を使ってみて、それでも改善が見られないようだったら、「ただの炎症ではない」とわかるので婦人科を受診する。市販薬の使用はそうした目安になります。2週間使っても改善しない、1本使っても改善しない、そんなときは婦人科へ。

1 2 3


セカンド 占い 金運 時短 恋愛講座 貧困女子 iPhone 美人探偵 アラサー 恋愛 不倫 アラフォー 結婚 その1 恋愛運 浮気 浮気事件簿 運勢 婚活 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。