【その薬、本当に必要?】汗の季節がやってきた!デオドラント剤、毎日使っても安全ですか?

【その薬、本当に必要?】汗の季節がやってきた!デオドラント剤、毎日使っても安全ですか?

夏場になるとデオドラント剤(制汗剤)を使う人は多いですね。この季節のドラッグストアにはデオドラント製品がズラーッと並び、バリエーションも豊富です。しかし、はじめに結論を言ってしまいますと、汗を止めること自体、体にいいことではないですよね

デオドラント剤は汗の出口を抑えてしまう

まずデオドラント剤とは何か?成分を見ればわかります。以下は主な有効成分です。

・クロルヒドロキシアルミニウム:アルミニウムが汗の出口つまり汗腺をふさぐことで汗を抑えます。日本製のデオドラントによく使用されている成分です。

・塩化アルミニウム:同じく汗腺をふさぐことで汗を抑えますが、クロルヒドロキシアルミニウムよりも作用が強いとされています。海外製のデオドラントによく使用されています。

・塩化ベンザルコニウム:強い殺菌力をもち、手や指の一般的な消毒剤として使われています。副作用として肌荒れを起こす可能性があります。

・銀含有ゼオライト:銀イオン(Ag+)が汗の成分を分解する菌の繁殖を抑え、殺菌する作用があります。

・ミョウバン:化学的な名前は「硫酸アルミニウムカリウム」。料理のアク抜きや煮崩れを防ぐなどの材料として知られ、食品添加物としても利用されている成分。菌の繁殖を抑える作業があります。

どの成分も医薬部外品です。汗を止める、ニオイを抑える効果については個人差があると思いますので、一概にどの成分がいいということは言えません。ただ、「アルミニウム」を皮膚に塗るのは決して体に良いとはいえないでしょう。

デオドラント剤で汗を止めるのは鼻水を止めるのと同じ

デオドラント剤で汗を止める前に、汗の役目をおさらいしておきましょう。

汗は必要があって出ています。なぜ出るのかといえば、ひとつは汗が蒸発することで体温を下げようとする働き。体温調整の役目があります。

もうひとつ、異物や不要なものを外に排出する働きがあります。鼻水と同様、重要な排出効果があるのです。その汗の出口を外からふさいでしまったらどうでしょう?行き場を失った汗はどこへ行くのでしょうか?

1 2 3


占い 貧困女子 結婚 恋愛講座 アプリ 金運 婚活 派遣 浮気事件簿 運勢 恋愛 アラフォー セカンド iPhone 不倫 時短 美人探偵 アラサー 恋愛運 派遣女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!