【その薬、本当に必要?】重症化した乾燥肌。ステロイド入りの「市販のかゆみ止め」は安全ですか?

【その薬、本当に必要?】重症化した乾燥肌。ステロイド入りの「市販のかゆみ止め」は安全ですか?

前回、医療用の万能保湿剤「白色ワセリン」「プロペト」についてご説明しました。お風呂上がりも「白色ワセリン」ですぐ保湿すれば、乾燥肌のかゆみはかなり抑えられます。しかし「かゆみ」がもっと進行してしまった場合はどうすればよいか。今回は、かゆみ(炎症)が重症化してしまった場合についてお話しします。

“かきこわす”前に、かゆみ止めで抑えることも大事

始まりはなんの変哲もない乾燥肌も、かいているうちに炎症はどんどん悪化し、広がります。「かく」こと自体がヒスタミンの遊離を活発にするからです。さらに、皮膚をかきむしって「かきこわし」てしまうと、その傷口から細菌が侵入しやすくなり、細菌感染すればますますかゆくなります。この状態になると、薬効成分が入っていない「白色ワセリン」や「プロペト」だけでは対処できません。かゆみ、炎症を抑える「かゆみ止め」を使って、かかなくても済む状態にする必要があります

ドラッグストアで買える「かゆみ止め」の成分や効き目の強さはさまざまです。ステロイドを含まない「かゆみ止め」の成分には次のようなものがあります。

<抗ヒスタミン成分>・ジフェンヒドラミン塩酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩

<かゆみ止め成分>・クロタミトン・グリチルリチン酸ジカリウム

<保湿成分>・ヘパリン(ヘパリン様物質)・尿素

ジフェンヒドラミン塩酸塩はとてもポピュラーな成分です。「かゆみ止め」として一般的な「レスタミン」の有効成分であり、また市販の睡眠改善薬の有効成分でもあります。かゆみに効き、眠れない夜にも効く。旅行に持って行くならコレと言いたくなるようなお薬です。ヘパリンは以前ご説明した「ヒルドイド」の有効成分です。

1 2


運勢 不倫 時短 結婚 アラサー 浮気 金運 恋愛講座 貧困女子 恋愛運 キャリア 美人探偵 占い アラフォー 恋愛 アプリ 婚活 セカンド その1 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。