【その薬、本当に必要?】保険適用「ヒルドイド」のアンチエイジング評価は本当?

【その薬、本当に必要?】保険適用「ヒルドイド」のアンチエイジング評価は本当?

最近、皮膚科で処方される「ヒルドイド」という保湿剤が、美容クリームとして女性に大人気だと聞きます。アトピーや外傷など、薬が必要な症状もないのに皮膚科に行って「ヒルドイド出してください」、さらには「多めに出してください」と要望する女性も多く、問題になっているようです。美容クリームとして使う人が増えるようなら「保険適用から外す」という話も出てきていますね。

血流をよくする作用が美容クリームに?

「ヒルドイド」は乾燥肌やアトピー、肌荒れ、外傷の傷跡の治療などに使われる非ステロイド性の薬です。医療用としては「ヒルドイドソフト軟膏」や「ビーソフテンクリーム」などが知られています。また市販薬でもヘパリン配合のクリームタイプ、ローションタイプなどが販売されています。

ヒルドイドの有効成分は「ヘパリン様物質」、つまり「ヘパリンに似ている物質」です。

ヘパリンとは何かといいますと、人の肝臓で生成され、私たちの体に広く分布している物質です。血流をよくする、血液が固まるのを防ぐ、脂質の代謝を促す、細胞の増殖を助けるなどの働きがあります。細胞と細胞の間に分布していることから保湿作用もあります。人体にふつうに存在しているヘパリンに似ていることから、ヘパリン様物質は安全性が高いといわれています。

ちょっと難しい言葉が並びますが、ヒルドイドの効能・効果は正確にはこうです。『血栓性静脈炎(痔核を含む)、血行障害に基づく疼痛 と炎症性疾患(注射後の硬結並びに疼痛)、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防、進行性指掌角皮症、皮脂欠乏症、外傷(打撲、捻挫、挫傷)後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎、筋性斜頸(乳児期)』。

ちょっと難しいですが、火傷や凍傷などの傷や痔などにも処方される薬です。簡単にいえば、「血行を良くして、細胞の代謝も上げるので、傷跡も早く消えますよ」ということです

これらの効果が、お肌のターンオーバーをスムーズにすることにつながり、“美容クリーム”としての評判を呼んだのでしょう。

1 2
占い 時短 貧困女子 セカンド アプリ 恋愛講座 婚活 アラサー 運勢 美人探偵 不倫 恋愛 浮気事件簿 金運 iPhone 派遣 アラフォー 派遣女子 恋愛運 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!