【その薬、本当に必要?】熱は出ないが喉の痛みが取れません……そんな人におすすめの薬は?

【その薬、本当に必要?】熱は出ないが喉の痛みが取れません……そんな人におすすめの薬は?

前回、かぜの予防策としてのうがいと手洗いについてお話ししました。今回は、喉の痛みについて補足説明します。

市販薬と処方薬の上手な使い分けとは?

熱は出ないけれども喉が痛い……。これは立派なかぜの症状です。喉が痛くなって熱が出て、会社を休み、寝て治る、というのが一般的なかぜ治療の行程です。熱を上げることで免疫力を高め、体内に侵入したかぜウイルスをやっつけることができるからです。

ところが、中には熱を上げる力が弱い人がいます。高齢者には多くいらっしゃいますが、若くてもそういう体質の人はいます。すると熱が上がらないので免疫力も上げられず、いつまでもかぜウイルスをやっつけられない状態が続きます。しかも熱が出ていないため、会社を休めず、ついがんばって仕事してしまう。立派なかぜなのだから休まなければならないのに、休めない→体が弱る→かぜ、治らない→でも熱が出ない→休めない→いつまでも治らない、ということになります。 

このように、熱が出ないことは決していいことではありません。

こういう場合は、あまり無理を続けずに、薬を上手に利用したほうがいいと思います。ひとつは喉の痛みに特化した薬を飲むことです。ドラッグストアで買える市販薬では、たとえば「ペラック」はそのひとつです。

かぜ薬には解熱剤が含まれています。熱はないのに解熱剤を飲むのはいやだなと、抵抗を感じる方もいるでしょう。その点、「ペラック」は解熱剤が配合されていません。主成分は炎症を抑えるトラネキサム酸という薬です。特に副作用の危険のある成分も入っていませんので、「喉は痛いが熱は出ない」人にはおすすめできます。

それでも治らない場合は薬を飲みつづけるのではなく、病院で診察を受けたがほうが賢明です。その場合も処方される薬はやはりトラネキサム酸だと思いますが、成分量が市販薬とは大きく違います。

たとえば「ペラック」なら、1日に飲める成分量は750mg(1回250mgで1日3回飲む)です。一方、病院から処方されるトラネキサム酸の1日の上限は2000mgです。私が薬局で調剤していた頃は、1回500mを3回で、1日1500mgという処方がよくされていました。つまり市販の薬の2倍量です。当然、効き目は強くなります。

1 2


結婚 アラフォー 婚活 運勢 アラサー アプリ 占い iPhone 不倫 セカンド 貧困女子 時短 美人探偵 恋愛 派遣 派遣女子 金運 浮気 浮気事件簿 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!