【その薬、本当に必要?】インフルエンザワクチン、打ったのに罹るのはなぜ!?

【その薬、本当に必要?】インフルエンザワクチン、打ったのに罹るのはなぜ!?

前回、インフルエンザかな?と思ったときの対処法をお話ししました。今回はワクチンについてお話しします。

毎年この季節になると、「今年のインフルエンザは何型か?」「流行のピークは?」といった話題が出始めますね。ちなみに今年もA型とB型、両方のワクチンが用意されています。接種してから効力を発揮できるようになるまで2か月ほどかかることから、早めに接種することを勧められたりします。

しかし、「ワクチン打ったのに罹った」と言う人は少なくありません。中には「A型、B型、両方に罹った」なんていう人も。なぜこんなことが起きるのでしょうか?

打った人、打たない人に有意な差はなし!

ワクチンの有効性についてはさまざまな意見がありますが、私の結論から言うと、特別な理由や事情がない限り、インフルエンザワクチンは打つ必要はないと思います。

かつて調剤薬局で薬剤師をしていたときに、インフルエンザに罹った患者さん200名を対象にアンケート形式で、インフルエンザワクチンを打ったか、打たなかったかを調べたことがあります。調査対象には子どもが多かったのですが、その結果は、ワクチンを打ったのに罹ってしまった方99人、ワクチンを打たずに罹ってしまった方101人。ワクチンを打った場合と打たなかった場合のインフルエンザ罹患率に、有意な差は見られませんでした

また、インフルエンザワクチンの場合、感染は防げなくても、感染後は軽症で済む効果があるといわれています。これについても有意な差は見られませんでした。

高齢者など体力が低下している方の場合は、この限りではありませんが、Losefatpro WOMAN読者の年齢層であれば、「ワクチンを打ったから重症化せず命拾いした」というケースは、あまりないだろうと思います。

打ったところで効くかもしれないし、効かないかもしれない。それがインフルエンザワクチンです。なぜかというと、インフルエンザのウイルスは毎年少しずつ型が変化していきます。しかし用意されるワクチンは、昨年までのウイルスを元に培養するしかありません。そのため今年流行するウイルスと、ワクチンに入っているウイルスの型は異なります。その違いがごくわずかなシーズンもあれば、大きなシーズンもあります。違いがわずかであれば、ワクチンの効果は大きいと言えましょう。逆もまたしかり。

また、型が変わっていないとしても、数々あるインフルエンザウイルスの型からその年に流行ると考えられる型を培養するわけですから、大きく予想が外れることもあります。ワクチンにも当たり年、ハズレ年があるというわけです。

1 2


結婚 浮気 キャリア 運勢 その1 美人探偵 アラサー アプリ 恋愛 婚活 浮気事件簿 アラフォー 恋愛運 セカンド 恋愛講座 時短 貧困女子 占い 金運 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。