【その薬、本当に必要?】デート前に目薬で目の充血を取るリスク

【その薬、本当に必要?】デート前に目薬で目の充血を取るリスク

前回はドライアイに目薬を常用することのリスクについてご説明しました。

血管収縮剤でダメージがあるケースも

最近、私が気になっているのは、目が赤く充血しているのを嫌って、目薬をさす女性が増えていることです。たとえばデートの前に「白目が充血していると恥ずかしい」「目が赤いと疲れて見えるからいや」という理由ですね。白目は白ければ白いほどキレイ、という美的判断もあるようです。このニーズをとらえて、「白目をきれいにする」を特性にした目薬も市販されています。

しかし、目が充血するのには理由があります。目が疲れているのです。だから瞳にたくさん酸素や栄養分を送ろうとして血流が増え、そのために血管が広がり、白目が赤く見えるのです。お疲れの目が疲労回復をはかっている時に、目薬をさすとどうなるでしょうか?

血管収縮剤の作用によって血管が細くなり、見かけは確かに白くなります。しかし、もともとの疲労が取れたわけではありません。したがって、疲れた目は疲れたまま、血流による酸素補給は不十分になり、さらに疲れることになります。ですから血管収縮剤の効果が終わると、また充血します。充血のリバウンドです。

市販の目薬のすべてに血管収縮剤が入っているわけではありません。主な血管収縮剤は、塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸フェニレフリンなどです。成分表をよく確かめてください。

市販の目薬にはなにげなく血管収縮剤が入っていて、使う人もなにげなく「充血止め」に使っていることが多いのですが、決して使いつづけても問題ない成分ではないことを知っておいてくださいね。

特に結膜炎などの感染症にかかっている場合は、血管収縮剤を使うと大きなダメージになりかねません。目が充血して、具合がふだんと違うと思ったら、眼科を受診しましょう。

キターッ!の爽快感成分の薬効は?

市販の目薬に入っていて、眼科で処方される目薬には入っていない成分をご存知ですか?あの、スーッとする成分、メントールです。成分表には、l-メントールと表記されています。この成分には薬理効果はありません。だから病院で処方される目薬には入っていないのです。

1 2


占い 貧困女子 婚活 結婚 iPhone 派遣 アラサー 恋愛運 時短 恋愛 アラフォー 美人探偵 アプリ 浮気事件簿 浮気 不倫 セカンド 恋愛講座 金運 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。