【ビジネス女子マナーQ&A】男性社員のセクハラ発言…どこまでが業務で、どこからは怒っていいものなのかを教えて

【ビジネス女子マナーQ&A】男性社員のセクハラ発言…どこまでが業務で、どこからは怒っていいものなのかを教えて

今週の質問は、山口優実果さん(仮名・PR会社勤務・28歳)から。

「ダイエット商材や、美容商材の広告を扱う仕事をしています。会議の際、上司や男性社員から普通に「●●さんは今体重何キロあるの?」「年の割にはシワっぽいよね。体験モデルやってよ」とか言われたりします。とてもイヤなんです。これって、セクハラですよね。でも、目くじら立てすぎるのも大人げないのかな…と思ったりしてつい愛想笑いしちゃうんですけど、なんかそれが本当に自分でも情けないし、悲しいし……。どこまでが仕事の範疇で、どこからが怒っていいものだか、教えてください」

仕事の会話の中で聞かれたくないことを聞かれる、侮辱と感じても空気を読んで笑っているべきなのか、相手の意図を測りかねて抗議できない……なんてこともよくあります。「抗議をすると自意識過剰などと、さらに傷つけられる言葉を吐かれることもあって辛い」という声もありました。男性社員のセクハラ発言に、どう対応すればいいのでしょうか。鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

☆☆☆

男性社員のセクハラ発言を「自分のせい」と思わないこと

セクハラ相談で、男性からのセクハラに悩んだ女性がまず口にするのが、「自分がいい顔をしてしまったからじゃないか」という自己批判です。「相手を調子づかせたのは、自分に隙があったから、しっかりしていなかったからだ」という考え方です。セクハラ被害を周囲に打ち明けたときに「あなたにも原因があるんじゃない?」などと、相談したのに責められるというケースを見聞きすることも少なくないだけに、そういう思考に陥ってしまいがちです。でも、これは絶対にやめましょう。デリカシーのない相手を放置しておくと、セクハラを助長させる要因にもなります。

1 2
金運 恋愛運 貧困女子 美人探偵 婚活 アラサー 運勢 iPhone 派遣 占い 恋愛講座 アプリ アラフォー セカンド 浮気 浮気事件簿 時短 不倫 恋愛 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!