【ビジネス女子マナーQ&A】ヒステリックな先輩の舌打ちや大きな独り言にビクビクする毎日…これもパワハラですか?

【ビジネス女子マナーQ&A】ヒステリックな先輩の舌打ちや大きな独り言にビクビクする毎日…これもパワハラですか?

働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は宮本由美佳さん(仮名・PR会社勤務・28歳)からの質問です。

「会社のとなりの席の女性がヒステリックで困っています。作業中にバーンと机を叩いたり、ゴミ箱を蹴飛ばしたり。ものを乱暴に置いて音を立てたり、大きな音で舌打ちをしたりもします。また、“あーもう、本当にイヤ!”などと独り言を言ったりも……。いつも急になので、こっちもビクッとしてしまうし、とても不快です。直接私に対してやっているわけじゃないのですが……、これもパワハラでしょうか?」

オフィスで席を並べて仕事をしていると、ほかの人に心を乱されることが少なくありません。とくに、隣の人と話しているにも関わらず、遠くの相手と話をしているのか?と思う程に声が大きかったり、行動が乱暴だったりする人がいると、集中して仕事ができないことも……。こういう場合、どうしたらいいのでしょうか。鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

☆☆☆

パワハラとは…

職場におけるパワハラ(パワーハラスメント)。厚生労働省によるパワハラ対策についての総合情報サイト「明るい職場応援団」によると、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます」となっています。相談者さんのケースの場合、その女性と相談者さんが同等の立場だったり、相談者さんのほうが立場が上なら、彼女に「どうしたの?」と聞いて相談に乗ってあげることや、「ちょっと怖いから、やめてね」などとやさしくたしなめることもできるでしょう。それができないのは、相手の立場が上だから。そして、その女性の態度は「職場環境を悪化させる行為」といえるかもしれません。パワハラの判断は、なかなか難しいのですが、実態として、相手の立場が上のせいで何も言えず、しだいに自分の気持ちが沈んでくるとなると、相談者さん自身の心の影響も心配です。

上司に相談するときには、上司にも本人にも「告げ口」ととられない言い方で

業務に悪影響をもたらす事象については、まず直属の上司に相談するのが一番です。しかし、「〇〇さんの言動が乱暴で仕事にならないから注意して欲しい」というような言い方はよろしくありません。上司からその女性に指導があった場合、あなたに告げ口をされたと思われてしまうと、今はあなたをターゲットにしているわけではないとしても、今後あなたを直接攻撃してくる可能性もあります。

また、部下同士のいざこざを嫌う上司も少なくありません。めんどくさいトラブルを持ち込んできて、と思われるのも不本意ですよね。相談者さんが気づいていることは、上司の方も気づいているかもしれません。その上で静観しているということも考えられます。「折り入って相談があるのですが……」「お気づきになられていると思うのですが……」などといったクッション言葉を使い、「最近、〇〇さん大変そうなのですが、心配です」とその女性を思いやっている気持ちを伝えましょう。業務を分担しているのあれば、今後の仕事の配分やスムーズなやりとりの方法を相談しましょう。心に置いて欲しいのは、上司にとっては、あなたが不快かどうかは関係ないのです。問題は、業務が滞ること。これを忘れないようにしてください。そうすれば、愚痴になったり告げ口になったりする言い方が避けられるはずです。

1 2


アプリ 美人探偵 恋愛講座 恋愛 婚活 貧困女子 時短 派遣 金運 浮気 不倫 恋愛運 占い 浮気事件簿 結婚 セカンド アラフォー アラサー 運勢 iPhone
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!