【ビジネス女子マナーQ&A】夏休みの職場のお土産「自分が買っていかないときは人のお土産も断るのがマナーですか?」

【ビジネス女子マナーQ&A】夏休みの職場のお土産「自分が買っていかないときは人のお土産も断るのがマナーですか?」

今回のビジネス女子マナーは、枝野あけみさん(仮名・33歳)からの質問です。

「会社のお土産についての相談です。うちの会社は、社員がそれぞれ夏休みをとる仕組みになっています。先日、夏休みを取得した隣の部署の人が来て、北海道旅行のお土産としてチョコレートチップスをうちの部署の社員全員の席を回って配っていました。私はその人のことをあまりよく知らなかったのですが、なんとなく流れでもらってしまいました。私は夏休みを8月下旬に取得する予定なのですが、旅行などはせず、家でのんびりするつもりでした。こういった場合、私は断ったほうがよかったんでしょうか。私が夏休みを取得することは、その人もいずれわかると思います。お返しも兼ねて、私はその人になんらかのお土産を渡したほうがいいのでしょうか」

夏休み明け、会社にお土産を配るべきかどうか問題は、堅実女子を悩ませる問題のひとつです。自分はお土産を買うような場所へ行く予定がない、あるいは、旅行はするけれども会社にはお土産を買っていくつもりはなかった場合、人からのお土産も断るほうがフェアなのでしょうか。鈴木真理子さんに教えていただきます。

☆☆☆

禁止されていない限り会社にお土産を買うかどうかは本人の自由

ゴールデンウィークや夏休み、秋にも連休があります。そのたびに「会社へのお土産はどうしよう」と悩む会社員は多いようです。最近では、社内的に出張や有給休暇等の旅行の際のお土産を禁止しているところも少なくありません。その背景には、「社員個人の支出を抑える」という意味合いもありますし、「お互いの気遣いがかえって煩雑さを起こすことへの危惧」ということもあるでしょう。会社にお土産配り文化が浸透していて、「休み明けは毎回お土産大会になってしまうので、旅行していないけれど、東京駅でお土産っぽいものを買って配る」なんてことも、笑い話ではなく実際にある話なのです。

しかし、会社でそういった決まりがなければ、会社の方々へお土産を買うかどうかの判断は本人にゆだねられます。会社は仕事をする場所、そして成果をあげる場所です。相談者さんのように、どこにも行かないのであれば、わざわざお土産を買う必要はないですよね。でも、相談者さんがお土産をいただいた相手に何かお返しをしたいと思うのであれば、休み明けにお土産として同等程度のものを配るというのも、不自然ではないでしょう。だからといって、「お土産をもらったらお返しをしなければいけない」なんてことはありません。個人的にいただいたものならまだしも、部署全員に配ったものです。いわば旅行のおすそ分けですよね。お土産を配った相手だって、人からのお土産が欲しくてお土産を買ってきているわけではないと思いますよ。

1 2
不倫 占い アラフォー iPhone 恋愛運 派遣 浮気事件簿 美人探偵 恋愛講座 派遣女子 セカンド 金運 貧困女子 アプリ アラサー 恋愛 婚活 運勢 結婚 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!