【ビジネス女子マナーQ&A】「理想の上司No.1」水卜アナみたいにしないとダメですか?上司らしい親しみやすさって何?

【ビジネス女子マナーQ&A】「理想の上司No.1」水卜アナみたいにしないとダメですか?上司らしい親しみやすさって何?

今回のビジネス女子マナーは、IT関連会社勤務の魚沼ひかりさん(仮名・35歳)からの相談です。

「35歳。IT関連会社勤務です。チーム長を務めていて、部下も5人います。常に、部下の後輩たちといいコミュニケーションをつくっていきたいと考えています。注意点やポイントを教えてください。また、今年の3月に発表された“理想の女性上司ランキング”で、水トアナが1位になっていたことがひっかかっています。水トアナは好きですが、彼女は31歳で年齢的にも私の下ですし、お手本にしにくいのです。さらに、選ばれた理由が親しみやすさだと知って、自分には無いスキルだな……と思ってしまいました。

最近の若い子は厳しすぎるとすぐ辞めたり、やる気をなくしたりすると言われますが、水トアナのような親しみやすさを上司や先輩がもった場合、なめられたりしないのでしょうか。心配です。上司らしい親しみやすさ、というのが知りたいです。教えてください

毎年、新年度に発表される「理想の上司ランキング」。ネットなどでも話題になり、部下をもつ働く女性にも注目を集めています。部下たちから求められる「理想の上司」になるためには、お手本にすべきなのでしょうか。その場合、どこをどう見習ったらいいのでしょうか?鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

☆☆☆

ITコミュニケーションがミスコミュニケーションを招くことも

なるほど、相談者さんは、チーム長として部下をまとめる立場にあるのですね。「部下たちといいコミュニケーションをつくりたい」とのこと、まずはその想いに共感しました。

IT関連会社にお勤めなので、あなたもメンバーも、きっとITを駆使したコミュニケーションが得意なはず。でも、なんでもかんでもメールやSNSで連絡を取り合いうと、思わぬ行き違いが起きうることもあるでしょう。

たとえば上司や先輩が、部下にCCメールを乱発して送り、「ちゃんと情報を伝えたよね」という顔をしてしまう。
すると、部下はメールの受信数が多くなり、さばききれなくなる……なんてこともあるかもしれません。働き方改革で早帰りを推奨され、大事なメールを読み飛ばす、なんてことになれば仕事に支障が出てしまいます。また、ビジネスチャットを利用している場合、グループのタイムラインの流れが速すぎて、自分宛のダイレクト連絡が埋もれてしまう……なんてこともミスコミュニケーションを引き起こす要因のひとつとなっています。

そこで、あえて口頭でコミュニケーションしあう場を作ってはいかがでしょうか。
たとえば、週1回30分でいいから全員でミーティングをする、チーム長のあなたから部下それぞれに、1人1回は毎日声をかけるなど。

面と向かって話すと、表情や声のトーンで相手の体調やモチベーションが推し量れます。何かあれば、早い段階で相談してもらう体制を整えるのも、リスクマネジメントのうち。「相談しやすい環境をつくれること」は、相談者さんが気にされている「上司らしい親しみやすさ」の大きなポイントになります。忙しいときこそ、笑顔を心がけて、話しかけられやすい印象を醸し出しましょう。

1 2
時短 恋愛運 結婚 婚活 運勢 金運 美人探偵 占い アラフォー アプリ アラサー 不倫 派遣 恋愛講座 恋愛 セカンド 派遣女子 浮気事件簿 iPhone 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!