【法律相談】むりやりキスは暴力!?パートナーからDVを受けた場合の対策方法

DV行為をされたら、慰謝料の請求はできますか?松田玲子さん(仮名・38歳・公務員)

A暴力は不法行為なので、交際相手でも慰謝料の請求はできます。

弁護士・柳原桑子先生が堅実女子の相談に応える本連載。今回は、松田玲子さん(仮名・38歳・公務員)からの相談です。

「かつて同僚だった夫と結婚して8年になります。2年前までは良好な夫婦関係だったのですが、夫がモラハラ上司の攻撃(あいさつ無視、みんなの前での叱責など)から仕事に行けなくなり、1年間の休職の後に退職しました。

それから1年間は、家で休養をしています。彼は生活費を出さず、私の給料で生活しています。その頃から、ちょっと気に入らないことがあると怒鳴ったり、壁を叩くなどしていましたが、最近は私の髪をつかんだり、顔や体を殴るようになりました。

それは回を追うごとにエスカレートしており、私は今、離婚を考えています。調子がいいときは優しい夫なのですが、何か気に食わないことがあると、血がでるまで暴力をふるってきます。むりやりキスをされるなどもありました。

もし今回離婚をするなら、慰謝料をガッツリもらいたいのですが、その場合の証拠はどのように残していくのがベストなのでしょうか。

また私はDV体質というか、かつての交際相手からもDVを受けていたことがあります。離婚した後、男性と交際して、またその人がDVだった場合、交際相手から慰謝料をもらうことはできるのでしょうか?」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2
iPhone 派遣女子 恋愛運 貧困女子 運勢 占い セカンド アラフォー 派遣 恋愛 恋愛講座 婚活 アラサー 金運 結婚 美人探偵 不倫 時短 浮気事件簿 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!