NISAは今年で終わってしまうのですか?

今年からNISA(ニーサ)が始まったので、口座を開設しました。投資先がわからないので、そのままの状態にしていたら、「今年のNISAは今年のうちに」という広告を見つけました。NISAは今年で終わってしまうのですか?N・Sさん(電機メーカー・33歳)

ANISAの制度は2023年まで続きます!

「今年のNISAもあとわずか」という証券会社などの広告を見ますと、「NISAが終わってしまうのでは?」と勘違いする人もいるかと思います。

NISAとは今年1月からスタートした少額投資非課税制度のことです。年間100万円までの投資を上限に、株や投資信託の売買益や配当金が5年間非課税となる仕組みです。

制度そのものは2023年12月末まで続きますが、非課税枠の期限は5年なので、仮に今年100万円NISA口座で取引したとしますと、2019年にはそのお金を一般口座か特定口座に移す必要があります。

「あとわずか」というのは、今年中に買うことができる100万円の投資枠のことを指します。

例えば、1カ月1万円の投資信託を1年間続けると12万円になります。通常、分配金や売却益には税金がかかりますが、これがNISA口座で売買すると非課税になる、というもの。12万円しか投資していなければ、88万円が残ります。88万円は来年に繰り越すことができない、という意味になります。

NISAがスタートする前に女性誌などが特集を組んだこともあり、口座を開設した顧客のうち4割が女性、というデータもあるようです。しかし、金融庁の調査によりますと、口座を開いただけでまだ投資を始めていないという人は3分の2もいるそうです。

そこで、年末までに投資をしたいという人にはいくつか注意する点があります。

1212photo
▼年末までに投資したいしたい人は、次ページの注意事項をチェック!

1 2


時短 不倫 浮気事件簿 婚活 金運 iPhone 浮気 セカンド 派遣 美人探偵 アラサー 派遣女子 アラフォー アプリ 運勢 結婚 恋愛 占い 恋愛講座 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!