【フリーランスのマネー術】小規模企業共済ってなに?フリーランスになりたい人が知っておきたい小規模企業共済の節税効果とメリット

【フリーランスのマネー術】小規模企業共済ってなに?フリーランスになりたい人が知っておきたい小規模企業共済の節税効果とメリット

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指すこの連載。今回もフリーランスのマネー術について、田町ゆき子さん(仮名・34歳 ・フリーランス)の相談をもとに森井じゅんさんがお答えします。

婚活疲れの中「精神的にも経済的にも自立した上で婚活を再開させたい」という田町さん。まずは確定拠出年金をしてみようかと考えた一方、実際それが何なのかもわかっていないという状態。国民年金基金や小規模企業共済も気になっているようです……。

第1回 婚活疲れの30代女性「経済的不安をなくしてから婚活を再開したい」で確定拠出年金に注目!国民年金基金との違いは!?

第2回 【フリーランスのマネー術】退職金のないフリー人生「国民年金基金」は加入したほうがいいの?国民年金基金のリスクとデメリット

田町さんの質問
「34歳、独身、フリーランスでシステムエンジニアなどをしています。現在、年の収入でいうと500万円くらいになります。婚活疲れのさなか、自分は将来のお金のことが不安だから結婚に焦っているだけじゃないかと考えはじめ、まずはお金のことをちゃんとした上で改めて婚活しようと思うようになりました。それで、知人から話を聞いた確定拠出年金を始めるのはどうか、と考えています。その場合、マックスの6万8000円にしたほうが最終的にはお得でしょうか。今は、積み立てているお金や、将来用の貯金(200万円くらい)のほか、毎月10万円くらい生活費に使わないで済んでいるお金がギャラ振込用の口座に溜まっている状態です。国民年金基金や小規模企業共済と組み合わせたほうがいいという人もいるのですが、よくわかりません。どういうポイントで考えたらいいか、教えてください」

☆☆☆

ここまでiDeCoと国民年金基金についてご説明してきましたが、今回は小規模企業共済についてお話します。前回のお話の中で、確定拠出年金と国民年金基金は公的年金の上乗せ、小規模企業共済は個人事業主の退職金制度、と考えて下さい、とお伝えしました。では、小規模企業共済制度と は具体的にどんなものか見ていきましょう。

小規模企業共済は自営業の人の退職金になる

小規模企業共済制度は、ざっくりと言えば、小規模企業共済制度は小規模企業の経営者や個人事業主などを対象とした退 職金制度です。具体的には、個人事業主がその事業をやめたときや、自分が経営する会社の役員を退任したときなど、必要となる生活資金等をあらかじめ積み立てておくための共済制度です。

加入資格は、常時使用する人数が一定以下の個人事業主もしくは会社等の役員です。細かな要件はありますが、相談者さんの状況であれば、加入することができるでしょう。

現在、小規模企業共済の予定利率は1%です。国民年金基金と同様、利率は固定であるため、将来 受け取る予測金額を計算できます。言い換えれば国民年金基金と同様、インフレリスクに対応できないというデメリットもあります。受取額等については小規模企業共済のサイトなどでシミュレーションできますので、 ご興味があればチェックしてみて下さいね。

そして共済金は一括払いだけでなく、毎月払いなどの受け取り方法も選べ、iDeCoや国民年金基金同様、公的年金の上乗せといった要素もあります。しかし、年齢要件だけでなく、事業をやめたときに共済金を受け取ることができるという側面が、より退職金制度に近いと言えます。

1 2 3
恋愛運 派遣 アプリ 美人探偵 結婚 浮気事件簿 婚活 占い 貧困女子 金運 時短 占星学 不倫 iPhone アラサー 派遣女子 恋愛講座 アラフォー 恋愛 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!