【フリーランスのマネー術】退職金のないフリー人生「国民年金基金」は加入したほうがいいの?国民年金基金のリスクとデメリット

【フリーランスのマネー術】退職金のないフリー人生「国民年金基金」は加入したほうがいいの?国民年金基金のリスクとデメリット

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指すこの連載。前回に引き続き、田町ゆき子さん(仮名・34歳 ・フリーランス)の相談に森井じゅんさんがお答えします。婚活疲れの中「精神的にも経済的にも自立した上で婚活を再開させたい」という田町さん。まずは確定拠出年金をしてみようかと考えた一方、実際それが何なのかもわかっていないという状態。国民年金基金や小規模企業共済も気になっているようです……。

田町さんの質問
「34歳、独身、フリーランスでシステムエンジニアなどをしています。現在、年の収入でいうと500万円くらいになります。婚活疲れのさなか、自分は将来のお金のことが不安だから結婚に焦っているだけじゃないかと考えはじめ、まずはお金のことをちゃんとした上で改めて婚活しようと思うようになりました。それで、知人から話を聞いた確定拠出年金を始めるのはどうか、と考えています。その場合、マックスの6万8000円にしたほうが最終的にはお得でしょうか。今は、積み立てているお金や、将来用の貯金(200万円くらい)のほか、毎月10万円くらい生活費に使わないで済んでいるお金がギャラ振込用の口座に溜まっている状態です。国民年金基金や小規模企業共済と組み合わせたほうがいいという人もいるのですが、よくわかりません。どういうポイントで考えたらいいか、教えてください」

☆☆☆

先週、フリーランスなど自営業の方は、受け取ることのできる年金額が少ない、というお話をしました。そのため、政府は個人の老後資金の準備を促進しています。それが確定拠出年金(iDeco)や国民年金基金です。このふたつは、公的年金の上乗せです。共通したメリットは、節税効果が比較的高いこと。拠出限度額いっぱいの掛け金にした場合、相談者さんの収入等から考えて 、ざっくり年間25万円弱の節税になります。

iDeCoと国民年金基金は併用も可能です。確定拠出年金については、何度かお話していますね。これは、あらかじめ自分で決めた拠出金を自身で選んだ運用方法で運用する私的年金制度のひとつです。つまり、運用次第で将来受け取る金額が変わるものです。一方、国民年金基金は利回りが固定されているので、掛金を拠出する段階で基本的に将来受け取ることのできる金額が分かっています。こう考えると、iDeCoより国民年金基金のほうが一定の利益が約束されていて安心だ、という考えもできますよね。でも当然ながら、国民年金基金にもデメリットやリスクもあります。

1 2
恋愛 運勢 金運 結婚 不倫 iPhone 恋愛運 時短 貧困女子 セカンド 占い 派遣女子 アラサー 浮気事件簿 婚活 美人探偵 恋愛講座 アラフォー 派遣 アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!