「子供が生まれたらまずは学資保険?」子供の学費資金を貯める方法と商品のメリットとデメリット

「子供が生まれたらまずは学資保険?」子供の学費資金を貯める方法と商品のメリットとデメリット

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指すこの連載。先週のご紹介した高橋えりかさん(仮名・36歳  病院勤務)からの質問をもとに、子供の学費資金について森井じゅんさんにアドバイスをいただきます。

「結婚し、子供が生まれたので、将来のために教育資金を貯めなくてはと思っています。子供が18歳になるまでと考ていますが、どのくらい貯めたらいのかもよくわかっていません。また、学資保険やジュニアNISAなど候補はあるのですが、どれを選ぶか考えるときのポイントを教えてください」

前半はコチラ

☆☆☆

学資保険のメリットとは

相談者さんは、お子さんの大学費用を準備したいと考えており、学資保険などを検討中とのこと。

学資保険とは、子供の教育資金の確保を目的とした保険です。学資保険に加入すると、毎月保険料を支払います。基本的に、10年~20年に渡る月々の支払が終わり、満期を迎え、満期保険金を受け取ります。つまり、加入時に決めたタイミングで、まとまった金額を受け取ることができるものです。

それでは、学資保険のメリットを見てみましょう。

メリット1

学資保険のひとつめのメリットは、保険機能。万が一の備えにもなる、という特長です。

学資保険は「保険」としての機能を持っています。万が一、契約者である親が死亡した場合や高度障害になってしまった場合などに、以降の保険料の支払いが免除されます。一方、満期時の保険金や一時金など、加入時に決めたタイミングで、保険金を予定どおりに受け取ることができます。

メリット2

2つめのメリットは、貯蓄機能です。

学費に限らず、まとまった金額の貯蓄をする場合、長期的にコツコツ貯めていくことが有効です。学資保険の保険料は基本的に毎月口座から引き落とされます。つまり「先取り貯金」の効果があり、貯金が苦手な人・お金の管理が得意でない人でも自動的に教育資金にお金を回すことができるのです。

メリット3

3つめのメリットは、投資商品としての価値です。一般的に、学資保険の受け取る保険金の総額は、支払った保険料の総額よりも多くなります。支払う保険料の総額に対して将来受け取れるお金の総額がどれくらいか、というのを表した数字を「返戻率」といいますが、返戻率が100%を超えていれば、お金が増えて戻ってくることになります。例えば、保険料を総額で100万円支払ったとして、受け取る一時金や満期保険金が110万円であれば110%です。そのため、学資保険を選ぶときには、返戻率を比較する人が多いです。

また、学資保険は生命保険料控除の対象になります。そのため、それほど大きくはありませんが節税効果もあり、これもメリットに数えられるでしょう。

1 2 3
不倫 アラサー 美人探偵 時短 アプリ 恋愛 結婚 金運 セカンド アラフォー 恋愛運 運勢 派遣女子 浮気事件簿 貧困女子 派遣 恋愛講座 iPhone 占い 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!