【脱貧困!】老後が不安な32歳フリーランス女子。気になる確定拠出年金のメリットデメリット

【脱貧困!】老後が不安な32歳フリーランス女子。気になる確定拠出年金のメリットデメリット

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、下田れいかさん(仮名・PR・32 歳)からの質問です。

「フリーランスでPRの仕事をしている32歳です。同業者から“老後が心配なら、確定拠出年金を始めたら?”と言われました。これはどういうしくみのものなんでしょうか。

デメリットはありませんか?また、今、年収は420万円です。もし始める場合、毎月いくらに設定したらいいですか?」

森井じゅんさんに伺ってみましょう。

☆☆☆

個人型確定拠出年金iDeCoの基礎知識

確定拠出年金には、企業型と個人型の2種類があります。

相談者さんはフリーランスの方ということなので、個人型の確定拠出年金、いわゆるiDeCoのお話でしょう。

2017年1月から対象者が大きく広がったこともあり、何かと話題のiDeCo。まずは、その制度と仕組みを見ていきましょう。

iDeCoは、英語のindividual-type Defined Contribution pension planの略で、個人型DC、個人型401kとも呼ばれています。呼び名は様々ですが、ざっくりと言えば「個人で行なう年金の上乗せ」です。

将来自身が受け取ることのできる年金の受取見込額が心許ないと考える人、公的年金にプラスして老後に備えたい人たちの注目を集めています。

iDeCoに加入した場合、加入者自身が毎月一定額の掛け金を支払い、運用します。運用商品は、定期預金や保険商品といったリスクの低いものから、国内外の株式など様々です。こうして運用した成果が将来の年金受取額に反映されるのです。

自分自身がどのようなリスクをとってどのような結果を求めるかによって、自身で判断し運用していきます。

会社員でもiDeCoに加入できる!

原則20歳から60歳までの公的年金に加入する、ほぼすべての方が加入対象となり、現在では企業年金に加入している会社員、公務員、専業主婦(夫)の方もiDeCoを利用できるようになりました。

しかし、それぞれの立場により拠出限度額は変わってきます。相談者さんは、フリーランスつまり自営業者なので、掛け金の上限は毎月6万8000円です。

ちなみに、iDeCoは公的年金に上乗せされる年金制度なので、国民年金を払っていない、又は国民年金の保険料納付を免除されている方等は加入できません。

個人型確定拠出年金の3つのメリット

iDeCoの最大のメリットは、現在の所得税・住民税の節税です。

iDeCoへの毎月の拠出金は、一定の範囲内で所得控除となります。つまり、税金計算の元になる所得を小さくすることができるのです。そして、税金は課税すべき所得に税率をかけて税金を計算をするので、税金負担を減らすことができるのです。

ちなみに、所得税は所得が大きいほど税率が高くなるので、所得税については収入が大きい人ほどより大きな節税になります。

第2のメリットは、運用中の利益が非課税になることですです。

通常の口座で利益が出ると、約20%の税金が引かれます。しかし、iDeCoの中でこれらの利益を得ても一切課税されません。

そして、第3のメリットは、受け取り時にも年金もしくは退職金扱いで税金計算できるという事です。通常の給与所得や事業所得よりも、退職金や公的年金の方が税金計算上有利です。

つまり、拠出時、運用時、受取時にメリットがあるといえます。

1 2


婚活 恋愛講座 占い 恋愛運 アラフォー 貧困女子 美人探偵 セカンド アプリ アラサー 派遣女子 金運 結婚 iPhone 浮気事件簿 派遣 時短 恋愛 運勢 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!