平成で使用頻度が増えた日用品ランキングを発表!3位「デンタルフロス」、2位「ウェットティッシュ」、1位は今大活躍しているアレ!

平成で使用頻度が増えた日用品ランキングを発表!3位「デンタルフロス」、2位「ウェットティッシュ」、1位は今大活躍しているアレ!

平成最後となる年越しも、もう間近です。そこで今回は平成を振り返るテーマとして「日用品」に着目。「株式会社プラネット」による「平成の日用品に関する意識調査」をもとに、平成を代表する日用品事情について考察してみましょう。

花粉症やPM2.5の猛威の影響?1位は冬もお世話になる「使い捨てマスク」

まずは平成の約30年間(平成生まれの人は自分が生まれてから)を振り返って、使う頻度が増えたと思う日用品を調査。日用品といっても幅広いですが、栄えある平成を象徴する日用品とは、一体何でしょうか?結果は次の通りでした。

 

  • 平成に使う頻度が増えたと思う日用品

1位 使い捨てマスク……27.6%

2位 ウェットティッシュ(除菌シート)……18.4%

3位 デンタルフロス・歯間ブラシ……17.9%

4位 洗顔料……17.7%

5位 衣料用洗剤(液体・ジェル)……16.5%

6位 液体せっけん(ハンドソープ・ボディソープ)……15.9%

7位 柔軟剤(柔軟剤入り洗剤)……14.8%

8位 化粧品・スキンケア用品……14.6%

9位 洗口剤・液体歯磨き……13.8%

10位 入浴剤……13.6%

 

1位が「使い捨てマスク」といわれると「確かに!」と思う人も多いのでは?昭和時代のマスクといえば、洗えば再利用ができる「ガーゼマスク」でした。さらに平成時代は花粉症や「PM2.5」と呼ばれる中国から飛来する微小粒子状物質も問題となっており、マスクのニーズがぐんと増えた印象です。それに加え、何でもないのに顔を隠す目的でマスクをする「伊達マスク」が生まれたのも平成時代の特徴でしょうか。

冬から春にかけてマスク人口が急増するのは、平成あるあるでしょうか?

使い捨てマスク以外に「そういえば昭和時代はあまりなかったよな」と感じるのは、5位の「衣料用洗剤(液体・ジェル)」。そういえば昭和時代の衣料用洗剤といえば、粉末が主流でした。しかし今では液体がその地位を獲得し、さらには第三の洗剤として「ジェルボール」も登場。粉末洗剤の存在感が薄れつつあります。

1 2


貧困女子 その1 浮気 金運 浮気事件簿 恋愛 結婚 iPhone 恋愛講座 セカンド 占い 婚活 アラフォー アラサー 時短 美人探偵 恋愛運 アプリ 運勢 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。