【沼にはまる女たち】独身の未来はナシ!微妙な人のオンパレードでも、やめられない結婚相談所~その2~

【沼にはまる女たち】独身の未来はナシ!微妙な人のオンパレードでも、やめられない結婚相談所~その2~

どこいでもいる女性が気が付くと、その世界の『沼』にハマってしまったケースを紹介する同シリーズ。今回話を伺った美波さん(33歳)は、31歳から婚活を始め、34歳までに結婚したいという強い思いから、33歳を迎えた今年より結婚相談所に登録。しかし、紹介される男性は美波さんの想像よりもはるかに結婚に縁遠そうな男性ばかりだったと言います。

その1はコチラ

☆ ☆ ☆

「結婚相談所は自力ではどう頑張っても結婚できないから登録する人たちが多いからか、お見合い写真を見ただけでドン引きすることばかりですね……。お見合い写真って大体めちゃくちゃ加工しているんですけど、それでも隠し切れない男性が多いです……。失礼な言い方ですが、チビデブハゲのオンパレード。あと、見た目は普通そうかなって思って会ってみても、顔だけじゃなく体型がまったく違う男性もいて……。その若い子並みの加工技術は何なんだよ!って思うことばかりですよ」

さらに紹介される男性たちは受け身の男性が多く、お見合いのほとんどの時間が苦痛を伴っているそうです。

「見た目がイマイチでも、まだ気が合えばいいのですが、自分から場を盛り上げようとしない人ばかりだからお見合いは辛いんですよ。コミュ障だと感じた人は大体ゲームオタクが多かったです。ゲーム脳になっていて、主人公にでもなったつもりで勝手にロリ系の美少女からアプローチされると思っているんでしょうね。お見合いのお茶代はワリカンだし、お店までの交通費もかかるので、気持ち悪い人のためにわざわざ時間割きたくないのが本音です。あまりにそんな人たちばかり紹介されるので、途中からお見合いのコーディネーターさんに『ゲームオタクは紹介しないで』と伝えたほどですから」

はじめてのデートの大半は大衆居酒屋。服装はダサいの一言

結婚相談所のお見合いはお互いがNGを出さなければ次の段階へ進み、連絡先を交換後にデートをするそう。そこでは驚くことばかりで、しかも嫌な思いをすることが多いと美波さんは語ります。

「初回のお見合いでは男性の服装はスーツと決まっているので、問題は普段着の2回目になります。『それ、近所のスーパーで買ったでしょ?』みたいな格好で来る人が本当に多くて……。私は清楚系のワンピースを着ていくことが多いので、明らかに並んだ時のバランスがおかしいんです。しかも行くのは安い居酒屋や、焼き鳥、串カツ屋ばかりで……。

女性とのコミュニケーションに慣れていないんですよね。それなのに、若い女性を求める男性ばかりなのも納得いっていませんね。同い年の男性とお見合いした時、お店まで行く途中に小声で『同い年の女を紹介しやがって』と言われたことがあるんです。その人、実家暮らしのマザコンだったんですよ。お見合いが始まったら『母親が早めに若い女と結婚しろと言うので』とか、ず~っと母親の話ばかりで、母親代わりに自分の世話してくれる人を探している感が満載でゾッとしました。チビハゲのくせに、こっちこそ『お前の遺伝子を残す価値なんてあるの?』と思いますよ」

毎回嫌な思いしかしないのに、それでも出会いを繰り返す理由は……

1 2
結婚 恋愛講座 恋愛 アラフォー 婚活 アラサー キャリア 金運 セカンド 運勢 占い その1 時短 アプリ 恋愛運 貧困女子 不倫 浮気 浮気事件簿 美人探偵
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。