“キャッシュレス時代”を後押し!10/15から開始された、セブン銀行ATMでの交通系ICカードチャージ機能ってなにが便利?実際に体験して感じた3つの魅力

“キャッシュレス時代”を後押し!10/15から開始された、セブン銀行ATMでの交通系ICカードチャージ機能ってなにが便利?実際に体験して感じた3つの魅力

 電車や新幹線に乗るときや、コンビニでの支払いなど。いちいち切符を買って電車に乗るのも、コンビニで細かい硬貨を出すのも少し面倒ですよね。

近年必須アイテムとなった『Suica』や『ICOCA』などの交通系ICカード。「毎日利用している」という働く堅実女子も多いのではないでしょうか?

そんな交通系ICカードの利用がますます便利になる新サービスが、2018年10月15日からスタートしました。

各種交通系ICカードのみではなく、スマホ端末にも対応している。

 

セブン銀行ATMで入金が可能に。一体なにが便利になったの?

これまで、駅構内や各社コンビニの店舗で交通系ICカードへの入金は可能でした。

しかし、10月15日からスタートした新サービスでは、セブン銀行ATMでの入金・残高確認が可能に。

今回、チャージが可能となった10種のカード。交通系ICカードは全て全国相互利用が可能。

利用カードは、『Suica』『Kitaca』『PASMO』『TOICA』『ICOCA』『manaca』『SUGOCA』『nimoca』『はやかけん』の交通系ICカード9種と、『楽天Edy』となっています。働く女性は、転勤や出張も多いですよね。全国各地の交通系ICカードに対応となっているので、どの地域でも利用しやすくなったのが嬉しい。

今回はこの新サービスを実際に体験して、一体なにが便利になったのかを探ってきました。

 

実際にセブン銀行で入金して分かった便利ポイント。かかった時間はわずか45秒!

これまで、駅構内でチャージしていた筆者。しかし、「混雑している駅だと、並ぶだけで時間がかかってストレス」「コンビニでレジに並んで、チャージを頼むのが面倒」など、実は小さな不満を抱えていたんです。そのストレスを回避するために一気に上限までフル入金、なんてことも……。

利用方法は3ステップ、簡単&スピーディーにチャージが可能

電子マネーはこちら、と書かれたメニューをタップ。iPhone端末内に入っているSuicaを利用する際は事前に指紋・顔認証でロックを解除しておく必要があります。

セブン銀行ATMでのチャージ利用方法は非常にシンプルです。

電子マネーメニューをタップ→チャージ金額を選択(1,000円~5,000円、10,000円)→紙幣を投入後、明細書発行という流れ。

ディスプレイも分かりやすい表示なので、使いやすい。

この3ステップでチャージ完了。カードをセット後、チャージ完了までにかかった時間を計算したところ、わずか45秒という結果に。あっという間にチャージできるのも、忙しい時には嬉しいポイントですよね。

 

1 2
金運 iPhone アラサー 恋愛運 貧困女子 美人探偵 恋愛 婚活 アプリ 不倫 浮気事件簿 アラフォー セカンド 派遣 恋愛講座 占い 運勢 結婚 派遣女子 時短
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!