【勤続10年女子】夢の仕事と婚活……本当に楽しいと思えるのはどっち?焦り始めたアラフォーの本心~その1~

【勤続10年女子】夢の仕事と婚活……本当に楽しいと思えるのはどっち?焦り始めたアラフォーの本心~その1~

「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回登場するのは、女性誌系の編集として働いている志保さん(仮名・39歳)。

志保さんは明るめのブラウンのルーズなまとめ髪に、ロングのシャツワンピースと再び流行しているレギンスのコーディネート、耳には小さなゴールドのピアスを着けていた。人気の高級腕時計をさりげなくはめ、華奢なゴールドのバングルと合わせていて、見るからに「ファッション上級者」といった雰囲気。綺麗にカールしたまつ毛とコーラルオレンジの口紅、意志の強そうな瞳は仕事ができそうな印象を受ける。

「今はアラサー向けの女性誌の編集として働いています。休みの日も、飲みに行ったりイベントに顔を出しに行ったりしているので、仕事とプライベートの区別がほとんどない状態ですね」

そう語る、志保さん。アラフォーと呼ばれる年代になり、仕事ではキャリアを積み、好きなことができている満足感があるが、30代前半で結婚ができていたら良かったかも……という後悔があるという。

志保さんは東京都出身。小学校に入学するまでは東京で過ごし、両親がマンションを購入するタイミングで、埼玉県浦和市に移り住んだ。父は、精密機器メーカーの会社員で、母はその時の部下。母は結婚退職をした後は、専業主婦になり家で過ごしていた。小さいころから絵本を読むのが好きだった志保さんは、母から買い与えられた子供向けの図鑑を繰り返し読んで暗記するほど。そのためか小学校に入学する前には、自然と読み書きのほか、簡単な計算もでき、母親がその能力を伸ばそうと考え、低学年の頃から塾に通うようになった。

小学校高学年になると、通っていた塾から都内にある有名中学の受験を勧められた。“このまま地元の公立中学に進学するのではもったいない”と塾から説得され、都内にある進学校を中学受験した。

「母は、マンションを購入する時に、地元の治安や学校の雰囲気などをリサーチしていたので、中学受験にはあまり積極的ではありませんでした。でも学校見学会で見た私立中学には、温水プールがあったり、学食も綺麗で公立よりも私立に行きたいって思いました」

高校生の時に、学園祭実行委員会に立候補して当選。そして学園祭で配るパンフレットの制作に関わった。この経験が、のちに編集を志すきっかけになった。

「うちの高校は、なんでも生徒の自主性に任せて貰える校風だったんです。まったくゼロからの冊子作りだったのですが、パンフには近所の飲食店の広告や、漫画が得意な友人の4コマ漫画を載せたり、私の代で作ったものは画期的なものでした。この時から、なにかものづくりに没頭してしまうと、自分のプライベートな時間とかよりも優先してしまう性格だったんです」

希望していた出版社は氷河期で採用見送り……。代わりに安定した企業に就職

1 2
婚活 浮気事件簿 アラサー 貧困女子 恋愛運 占い 美人探偵 セカンド アプリ 恋愛講座 アラフォー 派遣 金運 結婚 不倫 運勢 派遣女子 恋愛 時短 iPhone
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!