モフモフ、フカフカの苔三昧!秋の京都は苔ガール必見の“苔アート”狙いで行こう!!

モフモフ、フカフカの苔三昧!秋の京都は苔ガール必見の“苔アート”狙いで行こう!!

巷では、苔を好きな女性を「苔ガール」と呼ぶのをご存知でしょうか?彼女たちは寺院や庭園、渓谷などに足を運び、その苔の様子を写真に撮ったりして楽しんでいるとか。寺院や庭園の多い京都は、まさに苔トリップにふさわしい街だったのです!四季折々でさまざまな表情を見せてくれる京都ですが、初秋の紅葉には少し早い季節は苔の緑に包まれています。さらに11月30日までの期間限定で、苔アートの「モシュ印」「コケ寺リウム」が5寺院(三千院・圓光寺・建仁寺・東福寺・常寂光寺)で特別展示されているんですよ。

“モシュ印”とは、苔の英訳である「moss(モス)」と「御朱印」をかけ合せた造語で御朱印の文字の部分を苔で描いたオリジナルアートのことで、“コケ寺リウム”とは、ガラス容器の中に、各寺院の象徴的な建物などのジオラマと庭園を苔で再現したミニチュアアートのこと。

こちらの展示はJR東海「そうだ 京都、行こう。」のキャンペーンとして企画されているもの。今回は、初秋の京都の魅力の1つである苔の魅力をたっぷりとご紹介します。

東西南北に四方の庭園を持つ「東福寺」。苔と石段のコントラストに圧巻!

東福寺は鎌倉時代に創建されたという。

臨済宗東福寺派大本山の寺院である「東福寺」。国指定の名勝とされている「本坊庭園」があり、寺院の中にはさまざまな苔を楽しむことができます。苔アートは、本坊に設置されており、庭園の美しさを苔で表現しています。

北庭には苔と敷石が描く市松模様のお庭が。

こちらの盛り上がった苔はウマスギゴケが主役なんだとか。

コケ寺リウムでは市松模様が再現されています。

コケ寺リウムにも庭園と同じく、ウマスギゴケが使用されています。

コケ寺リウムの隣には、「モシュ印」が展示されています。モシュ印に使用されている苔は“ドライモス”と呼ばれる、ドライフラワーのように苔を乾燥させたもの。こちらを使用することで色あせや成長もほぼないため、一度形成したデザインを安定して長く維持することができるそう。

サイズは縦1.5メートル×横1.03メートルとビックサイズ。ぜひ肉眼でご確認ください♪

東福寺には昭和初期を代表する作庭家、重森三玲(みれい)が手掛けた素晴らしい砂紋や、木々の緑が美しい江戸中期の名園が前面に広がる開山堂など、見所は多数点在しています。さらに恋愛のご利益がある愛染明王を祀る愛染堂もあるので、こちらもぜひ訪れてみてください。

美しい緑が広がる開山堂前の庭園。

八角形の円堂・愛染堂。

 

住所:京都市東山区本町15丁目778
拝観時間:9:00~16:30(受付終了16:00)※11月は8:30より開門
料金:通天橋・本坊庭園 おとな各400円
交通:JR奈良線「東福寺」駅下車、徒歩約10分

1 2 3
恋愛運 アラフォー 浮気事件簿 美人探偵 派遣 不倫 アラサー 金運 時短 派遣女子 結婚 貧困女子 婚活 占い セカンド 恋愛 iPhone アプリ 運勢 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!