【セカンド女子】女の影は病院の診察券で発見!ブスな年上バツイチ女性に彼を奪われたマウンティング女子の末路とは~その1~

【セカンド女子】女の影は病院の診察券で発見!ブスな年上バツイチ女性に彼を奪われたマウンティング女子の末路とは~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、関西の鉄鋼メーカーで事務員として働く山田久美子さん(仮名・32歳)。肩までの髪を後ろの低い位置に束ね、化粧に色味は感じないものの目を引く長めのマツエクが印象的です。服装は薄いグリーンのVネックのプルオーバーに黒の膝丈のタイトスカートを合わせています。ピアス、カバン、靴などはすべて黒で統一されていて、シンプルなオシャレを好んでいるようです。派手過ぎず、女性らしい雰囲気もある久美子さんですが、彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は兵庫県の上の地域で、高校生までは母親との2人暮らしでした。高校2年生の時に母が再婚して義父ができました。本当の父は私が小さい頃に亡くなったと聞いています。小さい頃は祖父母の家も近所にあったので、そこまで寂しい思いはしていません。義父にも感謝しています。高校を卒業後に働こうと思っていた私を大学に行かせてくれましたから」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「大学生2年生の時ですね。実は中学の時にいじめに遭っていて、内向的な子だったんです。具体的なひどい仕打ちは受けていないけど、一緒にお弁当を食べる人がいなくてトイレの個室で食べたり、休み時間や移動教室の時も常に1人でした。高校の時には友人はできたんですが、友達に合わせることだけで精一杯。少しでも浮かないように、クラスで流行っているアイドルのことを必死で調べたり、みんなが騒いでいた先輩の話をしたりのみで、好きな人もいませんでした。

大学は神戸にある女子大に進学したんです。その時に一人暮らしもさせてもらいました。私の高校からその大学に進学したのは数人で、大学には岡山や広島、四国から来ている人とかもいて、言い方が悪いですが、自分より垢抜けていない子が多かった。気を使わずに学校生活を送ることの楽しさを知りましたね。初めての彼氏はインカレサークルで知り合った、私大に通う1歳上の人でした」

初めての彼氏はサークル内の人気者。元からお酒にだらしないところがあった彼を、そのお酒の力でゲットしたそう。

「彼はいい風に言うと松山ケンイチさんのような感じで、とにかく話が面白かった。サークルはゆる~くさまざまなスポーツを体育館やグラウンドを貸し切って行なうような感じで、どちらかというと運動が終わってからの飲み会がメインのようなところでした。彼と付き合ったきっかけはサークルの飲み会で終電が無くなった人たちでカラオケに行ったとき。そこで数人の人が酔いつぶれて、私はすでに彼のことが好きだったので、彼をお持ち帰りしました。彼とそういう関係になったのは、翌日に彼がお詫びで食事に誘ってくれた時なんですけどね」

束縛に怯えた彼は別れ話で敬語を使用……

1 2
派遣女子 婚活 セカンド 美人探偵 貧困女子 浮気事件簿 恋愛 占い 恋愛運 派遣 アラサー アラフォー 時短 結婚 恋愛講座 アプリ 運勢 不倫 金運 iPhone
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!