ファイナンシャルプランナーに聞く!Vol.3「手っ取り早く、手堅くお金を貯めるには?」貯まる仕組みはこうつくる

ファイナンシャルプランナーに聞く!Vol.3「手っ取り早く、手堅くお金を貯めるには?」貯まる仕組みはこうつくる

働く独身アラサー、アラフォーには、「お金を貯めたいと思っているけれど、なかなか貯金ができない」という悩みを抱える人が多いです。大学を卒業し、就職、実家暮らしの3年間で80万円しか貯金がなかったものの、26歳で衝動買いしたマンション購入をきっかけに1年で160万円貯蓄した経験もある、ファイナンシャル・プランナーの風呂内亜矢さんに、手っ取り早く、手堅くお金を貯める方法を教えてもらいます。

これまでの記事:

ファイナンシャルプランナーに聞く!vol.1「堅実女子(独身)の一人暮らし」賃貸とマンション購入どっちがいいの?  
ファイナンシャルプランナーに聞く!vol.2「一人暮らし堅実女子(独身)がマンションを買うなら…?」チェックポイントと注意点 

☆☆☆

無意識に使っている「小金」を洗い出そう!

私は26歳のとき、実家暮らしだったのにも関わらず、3年勤めて貯蓄できた額が80万円でした。その年にマンションを衝動買い、1年後に入居が決まっていたので、とにかく貯蓄しようと考えて、160万円の貯蓄に成功しました。ボーナスがあった会社だったので、「ボーナスに手をつけない」ということができたのも要因ですが、それ以外にも貯蓄するためのテクニックがあります。まずは、日々の中の小さい支出を、月額、年額に換算してみましょう。自分にとって「もったいない」「ムダだ」と思ったら、それは、使わなくていいお金です。

たとえば、毎日1杯ずつ飲むカフェラテ。1杯300円だとしても、1年で11万円です。「それでも、私には必要な経費」と思えばOKですが、「こんなに高かったなんて、ムダ……」と思えば、水筒に毎日ドリップコーヒーでつくったカフェラテを入れて飲めばいいのです。

そのほか、払い続けているアプリの使用料や使っていないクレジットカードの年会費、携帯電話契約時につけられてしまった不要なオプション、ATMの手数料や、終電を逃したあとのタクシー代、通信費の払い過ぎも要チェックです。生活の中で満足度の高い出費は、自分のためになっているので問題ありません。しかし、「無意識に使っているもの」「洗い出したら、ムダだと感じたもの」は引き締めていきましょう。

また、私が160万円を貯蓄した時の方法のひとつが、お友達とのディナーをやめてランチに変えたこと。また、サシのみやサシディナーなど、一対一で会うのではなく、複数で会うようにしたこと。毎月の外食費が大きく抑えられますし、本人同士が知り合いではない友達も引き合わせ、自分の友達同士も友達になる……という、お金を貯める以上のバリューもありました。

「どこかにある、“使わなくてもいいお金”を生活の中から洗い出しましょう」

1 2


婚活 浮気 時短 iPhone 貧困女子 アラフォー 美人探偵 結婚 アプリ 金運 恋愛講座 恋愛運 浮気事件簿 不倫 占い アラサー その1 恋愛 運勢 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。