【勤続10年女子】貢ぎ疲れて 「もう結婚はあきらめた」求めるのは事実婚!?マンション購入のおひとりさま~その2~

【勤続10年女子】貢ぎ疲れて 「もう結婚はあきらめた」求めるのは事実婚!?マンション購入のおひとりさま~その2~

大卒の新卒入社した社員の、入社3年以内の退社が30%とも言われている現代。正規雇用ではない派遣やパート、フリーランスという働き方が多様化する中で、アラサー、アラフォーともなれば勤続10年近くになる社員もいる。

そんな「勤続10年女子」の本音に迫っていく。

今回登場するのは、水処理装置や、エネルギー事業を行う企業で事務として働いている志津子さん(仮名・35歳)。

千葉県千葉市で生まれ育った志津子さんは、建築会社に勤務していた父の都合で、幼少期を中国で過ごす。中高一貫の進学校の女子校に入学すると、勉強も運動もできた彼女は周りからも好かれ、充実した学生生活を送った。その反面、周りに男性がいない環境で過ごしたため、共学の大学に進学してからは、恋愛依存体質ですぐ男性に貢いでしまうようになった。

配属先は、海外出張などがない内勤の事務だった。学生時代は、勉強でもトップクラスのグループに所属していたが、就職先ではできないことも多く劣等感が生まれた。

新入社員向けの合宿研修で、高校時代に文化祭で作った学校名入りのTシャツを寝巻として持って行ったところ、周りからは“鼻につく”と噂され、はげしく落ち込むことに。母校を誇りに思っていた彼女にさらなる追い打ちが襲い掛かる。自分では優秀だと思っていた語学力も、長期にわたる海外留学経験や、海外の大学院を卒業している同期もいて、初めて“上には上がいる”と思い知らされた。

その頃、ますます恋愛に依存するようになっていた。付き合っていた彼氏が寝ている間に、勝手に寝顔を撮影しSNSに投稿したことで、相手が激怒しトラブルになったことも。「私、イケメンが好きなんですよ。でもイケメンと付き合うと、いつも浮気や二股などの心配を抱えるんですよね。“今は修行中だから”という美容師の彼氏を支えるために、仕事で着る服や、誕生日には高価なブランド物の財布もプレゼントしましたね。実家暮らしだったから家賃の心配はなかったんですけど、収入の大半は交際費や、飲食費に消えていきました」

外泊や帰りが遅いのを親から注意されるのが嫌で、28歳の時に、実家を出て一人暮らしを始めた。職場では、理系出身の技術職や、博士課程を修了しているものも多いため、志津子さんのような事務職は基本給が少ない。このままでは、周りから取り残されてしまうのでは……という焦りから、ビジネス法務検定の勉強を始めた。

「同じタイミングで同僚も法律に興味をもったみたいで、2人で勉強会と称して一緒に勉強をしましたね。業界の動向を知るために、専門誌や新聞を通勤時間を使って読んで知識を増やしたりとか」

努力の甲斐あって、29歳で法務部に異動。30歳を過ぎた頃には仕事も安定してきた。最初は興味がない業務内容だったが、法律の知識が増えると、社員向けのコンプライアンス相談などを手掛けるようになった。

マンション購入がきっかけで、恋愛依存から卒業できた

1 2
派遣女子 アラサー 不倫 iPhone 金運 運勢 浮気事件簿 美人探偵 時短 派遣 婚活 占い 恋愛講座 アプリ 恋愛 結婚 アラフォー 恋愛運 貧困女子 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!