【派遣女子・更新なし】本当の私はハンドルネームとゴスロリファッションの私、オタ趣味を充実させるべくの派遣勤務 ~その1~

【派遣女子・更新なし】本当の私はハンドルネームとゴスロリファッションの私、オタ趣味を充実させるべくの派遣勤務 ~その1~

パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり派遣先に就業に行く契約で、派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「なぜ派遣を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている角川千絵さん(仮名・28歳)にお話を伺いました。

胸元までのロングヘアを三つ編みにし、丸襟の白いシャツ、鹿の子編みのカーディガンに、薄い緑色のソフトクリーム柄のスカートを履いていました。こげ茶色のバッグの横には、黒地の日傘がちょこんと置かれています。「本当は、もっと若いころにはゴスロリっぽい恰好をしていたんです。今は、会社にも着ていけるくらいの抑え気味のロリファッションを楽しんでいます」と語る千絵さん。

現在は、大手のレコード会社で、広報部門のサポートとして働いています。「もともとは、そのレコード会社に所属しているアーティストに会えるかなと思って、エントリーしました。派遣先の顔合わせでも、世間的にはまだ有名ではない声優ユニットを知っていたのが良かったみたいです」という彼女。社内には派遣で働く女性社員が多いため、残業などもしないで帰りやすい環境が気に入っているといいます。

千絵さんは神奈川県の郊外で生まれ育ちました。祖父が所有している不動産業を手伝っている父と、フラワーアレンジメントの教室でインストラクターをしていた母の3人家族です。

「父と母は地元が一緒で、母の兄が父と同級生だった縁で結婚したそうです。母の実家は建設業をしていたので、祖父の代から仕事上でも付き合いがあったようです。母は短大を出て1年だけOLをしたけど、その後はずっと専業主婦。親せきが経営していたフラワーアレンジメントの教室を手伝っていましたが、ほとんど趣味のような感じでした」

千絵さんの趣味は絵を描くことで、SNSなどを通じて、イラストを公開しています。

「子どもの頃から、部屋に花が飾ってあったり、母が趣味で高価な陶磁器を集めていたので、綺麗なものに囲まれて暮らしてきたんです。そのために、周りよりも美意識が強くて、よく“周りに合わせなよ”と言われるんです。服にもこだわりが強いので、今もTシャツとかジーンズはほとんど着ないで、ワンピースが多いです」

中学に進学すると、母の過保護がエスカレートして……

1 2
派遣女子 占い 運勢 貧困女子 セカンド 恋愛 美人探偵 金運 派遣 iPhone 不倫 アプリ 時短 アラサー 浮気 婚活 結婚 浮気事件簿 アラフォー 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!