【勤続10年女子】 先の見えない不安から、溢れる言葉は嫌味と悪口ばかり……今の私はネガティブモンスター~その1~

【勤続10年女子】 先の見えない不安から、溢れる言葉は嫌味と悪口ばかり……今の私はネガティブモンスター~その1~

「勤続10年」、今のご時世で10年も同じ会社で働いているのは幸せなことである。が、しかし、同時に新しい挑戦や可能性に踏み出せていないケースもある。

2017年の春に大学を卒業した女性の就職率は98.4%を記録した。しかし、新卒で就職したものの、3年以内の離職率は30%近いという調査結果もある。

今、アラサーと呼ばれる世代は大卒で入社した場合、職場ではちょうど10年選手。正規雇用にこだわらず、派遣やパートを選んで働く女性も増えてきた中、同じ職場で10年間働き続けてきた「10年女子」の彼女たちは、いったい何を考えているのだろうか?

「キャリアアップは?」「結婚は?」「貯金は?」、そんな「勤続10年女子」たちの本音に迫ってみた。

今回ご紹介するのは、事務機器や光学機器を扱う親会社を持つ、ソフトウェアの開発や運営を行なうシステム開発会社で庶務課の事務として働いている薫さん(仮名・33歳)。

薫さんはふんわりとしたセミロングに、濃すぎないオフィスメイク。少し肌荒れが気になるのか、ファンデーションがやや厚めに塗られていた。フリルがあしらわれた白いカットソーに紺色のフレアスカートを合わせ、黒のバレエシューズという着こなしは垢ぬけないけれど女子っぽい。職場はオフィスカジュアルというルールだが、事務職はジーンズ禁止と言う暗黙の了解があるそう。入社して数年間はおしゃれに気を使っていたため、キレイ目のデニムで通勤したこともあった。しかし、30歳を過ぎてから自分に似合う服装がわからなくなり、仕事用に揃えた服をローテーションで着まわす方が楽だと気付いたという。

「新卒で入社してからずっと、庶務課で事務を行なっています。待遇でいえば昔でいう一般職に近い扱いかもしれないです。入社した時にはすべて総合職での採用だったので、同僚とはスタートは同じだったのですが、システムエンジニア職の友人と比べると給与などで差が開いてきました」

薫さんは埼玉県浦和市で、子供向け玩具メーカーに勤務する父と、地元にある百貨店で接客業をしていた母、3歳下の妹の4人家族で育った。両親ともに共働きで忙しかったため、小学3年生くらいになると、学習塾などに通い母親の帰宅までの時間を塾で過ごしていた。母親から「あなたはお姉ちゃんなのだから」と言われて育ち、常に妹よりも優秀でありたいという気持ちが強くなったという。

学校では優等生で、試験範囲が決まっているテストは復習を欠かさなかったため、良い点をおさめる。国語や暗記物の歴史が得意で、中学でも上位の成績をキープ。塾では、個性的な問題を出す私立校の問題を解くのは難しかったが、基礎科目をむらなく勉強していたため、県内でも上位レベルの県立高校に合格。思い返せば、学生時代が一番、努力をして頑張ったのかもしれない。

自分の希望よりも親が望む大学や就職先へ……。心の中に溜まるもやもやが……

1 2


婚活 恋愛講座 恋愛運 セカンド アラフォー 浮気 キャリア 浮気事件簿 占い 運勢 貧困女子 その1 美人探偵 アプリ 恋愛 アラサー 時短 結婚 金運 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ

  • Information
    シャアしてね!
    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

    ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。